カヤックフィッシングとはカヤックのみならずカヤックからのフィッシングまでも楽しんでしまおうという欲張りな遊び、内房メインに浮いてます。
by moch3636
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク

フライフィッシンググッズ
リトルプレゼンツ

ミッドフリースジャケット&パンツ新発売

リトルオーシャン、カヤックアングラーが作ったカヤックフィッシング用PFD新発売

カヤックフィッシングの草分
ナカムラ軍曹殿のBlog


くらげ商店 日本初カヤックフィッシング専門ショップ ナカムラ軍曹殿独自の品揃えは必見

カヤックフィッシングで釣れるのかーっ!っていつも軍曹より釣ってるワイズさんのブログ

試乗会開催中!動画の解説は必見です。更新ブログの一覧は大変便利、カヤックフィッシングをやってみたいという皆さんを応援するサイト

カヤックフィッシングといえば
TEAM N.W


漕ぐ釣る食う J-yamadaさん

Double×Cross
ダブルクロス くららさん


H.Tagyo's blog/BURNS ltd.

シットオントップで水遊び
medakaさんのブログ


広く浅く…
bluegrassさんのブログ


水平線の歩き方
まぶさんのブログ


カヤックフィッシング関連グッズが充実,木更津のFun
釣りの行き帰りに寄って情報収集しよう


kayak55スタッフ、チャン松さんのブログ

TeamBanzy!! チームのメンバーで更新

エキスパート揃いの疑似餌釣遊倶楽部

鬼パドルRideing! ライド乗りの”のっちさん”のブログ

TeamK・E 使えるgoodsの紹介が秀逸!財布の紐縛ってからクリック

カヤックフィッシング以外でも機械も電子も工作技術がプロレベルのマメぞーさん

安全、艤装の参考に、先輩カヤッカーYATAさんのHP
Shallowwater,TeamFIT TOKYO


石垣島のアウトリーフに漕ぎ出してのジギング開拓、豪快かつ緻密なshuさんのブログ

ターポンウルトラライトでカヤックフィッシングされているMikoliさんのブログ

瀬戸内ルアー&カヤックフィッシング、isoさんのブログ

一人中年漂流記、いつも一緒に浮いてるメアさんのブログ

陽気にカヤックフィッシング
コロニャーさん


魔神風車固め unokenさん

修行日誌、TKSさんのブログ

玉砕工房、玉砕せんせいのブログ

忙中閑だらけ、イカマスターのブログ

新!狭い視野広い意見!
みんぱぱさんのブログ


チーム木曜会
チャンプの後輩さんのブログ


ターポンでGO!
けーふぁくさんのブログ


KF探検隊
のぶぞうさんのブログ


一人じゃ怖い、Kayak Fishing
誠さん


みんなで作るカヤックフィッシングwiki sirosixさん
出艇場所公開について
もっちにメール
最新のコメント
カヤック禁止だから、もう
by るい at 17:10
正しいビームのためのヒン..
by グッチ ベルト at 08:33
合計18K古い時計のダイ..
by 時計 通販 at 08:47
ウォッチングは楽しい運動..
by Coangerge at 00:14
>コロニャーさん ありが..
by moch3636 at 17:13
のんびり治療に専念してく..
by コロニャー at 19:25
>GT200さん GT2..
by moch3636 at 17:19
>コロニャーさん キンメ..
by moch3636 at 17:18
お話する機会が無くて残念..
by GT200 at 13:10
でか真鯛おめでとうござい..
by コロニャー at 20:33
最新の記事
お気に入りブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1月29日 館山湾
珍しく土曜の釣行、天気予報では寒波襲来とのことだが、東京湾の風は穏やかそうだ。
前回の木更津でのカヤックフィッシングが寒くて、今日は南へ。
田吾作さんとの待ち合わせはココス
c0163207_2250269.jpg

前回の写真を見て、もっちはダイエットを決意したはずだが…
c0163207_22523375.jpg

後、おかわり2回とコーヒー3杯。
しっかり食べないと寒いから。
c0163207_22534171.jpg

冬も本番を迎えて、榛名や赤城では氷上ワカサギ釣りも開幕。
是非やってみたい釣りだが、車のタイヤから見直さないとならないので今期は無理。
ここは水温17度。菜の花が綺麗。
タックルはイカとカワハギの2本立て。
c0163207_22581676.jpg

クーラー無し、スコッティー三連無しの軽装。
準備完了は9時過ぎ。
トライデントのロッドポッド内にカワハギロッドを入れて出艇。
漕ぎ出すと、かなりの澄み潮で海底がよく見える。

沖に出るとイワシの群れが水面まで浮いて、ピチャピチャと音がして大粒の雨がふっているかのよう。
c0163207_042630.jpg

出来立ての水中撮影用の錘を車に置き忘れたが、とりあえずGoProを沈めてみた。

館山の綺麗な澄み潮にも恵まれて、なかなか面白い画が撮れた。
水深は25m位だったが明るさも十分、レンズの方向が把握できないので改善の余地あり。
エギの代わりにカメラ付けて沈めただけ。
PEの糸鳴りが水中で凄く響いている事に少し驚いた。

田吾作さんはDeepな場所で早くも2ハイのアオリキャッチとのこと。
もっちにも1パイ目のアオリ

ヒット後にカメラ廻したのでファイトから、廻しっぱなしだと二時間しかバッテリーが持たないので釣れている時間帯に廻したいところ。
c0163207_111243.jpg

その後アオリの反応がぱったりと無くなり、時折魚らしき大きなアタリで驚かされるくらい。
1時過ぎにカワハギ釣りに変更。
見つけた根は水深16m 少し浅いかとも思ったがアンカー打ってカワハギ釣り開始。
c0163207_23341797.jpg

先週剥いたアサリの容器を開けてがっかり。
剥きたては小粒で良いアサリだったのだが…
塩で締めるのを忘れていて、ずるずるのぬるぬる状態。
まったく針への絡みが弱く毎回ツルテンの憂き目。
それでもキタマクラとベラは爆。
やっと釣れたカワハギ君。

イカ締めピックでエラ切って足元で血抜き。
今日はキタマクラ率がかなり高いがカワハギも時々混じる。

突然来た強めの引き、ばたばたと竿が叩かれるカワハギ特有の引きだ。

水面でお帰りになる。
最後にワッペン釣って餌終了。
午後3時前からティップラン再開、2時頃から西に流れる潮流が強くなり北西の風と喧嘩して釣り難い。
結構な風速なのだがパラシュート入れているので潮流が勝ち西に流される。
エギは西に、艇は南西に動く。艇の右側にティップを出してアタリを待つ。
カワハギ釣っていたポイント近辺に居たアオリは皆小さいが高活性。
c0163207_094154.jpgc0163207_0101327.jpg


着底したら抱いていたヤツを獲った次投でもまたヒット。

サイズは小さいが、アタリが出るティップランなのでかなり楽しい。
他のもUP、同じような動画。超広角なのでティップの動きまでは判らないようだ。

夢中になって釣っていると5時近くになっていた。
c0163207_05651.jpg

日が落ちると寒くなるが、日中はそれほど寒さは感じなかった。
アオリは8パイのキャッチ(最大500g程度コロッケ4ハイはリリース)
カワハギは5匹のお持ち帰りと大満足な釣果。
締めたアサリ持って出直したい。
モンゴウのキロ半の墨攻撃をかわした田吾作さんのアオリイカは皆大きかった様子。
おつかれさまでした。
[PR]

by moch3636 | 2011-01-29 20:00 | カヤックフィッシング
1月23日 木更津市
久しぶりの穏やかな天候になりそうな週末の予報にワクワクだった。
そのワクワク感をさらに増やす新アイテムが届いた。
c0163207_10333077.jpg

リトルオーシャン DS-01 フルドライスーツ マンゴー XXL
腹囲がいっぱいいっぱいなのは仕方なし。
もうTeam BANZY!!のお2人とは並んで撮らない事にする。
一日着てみたこのドライスーツの特徴を少し説明したい。
c0163207_10462230.jpgc0163207_10465999.jpg


・体にフィットする柔軟性を持ったYKKアクアシールファスナー
 
 もっちの今まで着ていたPalmのドライは背中に金属のゴツイファスナーがあり
 それ自体の重さと嵩張り感があり背中から浮いた感じだったがコイツはファスナー
 の存在を忘れさせてくれる軽さと柔軟性だった。もっち的には一番の改善ポイント

・着座姿勢に合わせた立体縫製

 これはpescadorがかなりこだわっていた部分、お尻の余裕は座って真価を発揮
 脇の下の作りで腕が上げやすくパドリング時にも楽、折畳み難いのは我慢。

c0163207_111570.jpg


・ウェーダーで培った耐久性を持った4レイヤー、5レイヤー素材

 新開発の5レイヤー素材は生地を重ねた時に起きる乾燥問題に対し出した答え
 お尻部にだけ使用された5レイヤー素材はナイロンタフタ層を増やした強度UP生地
 で長寿命。他の部分には透湿性に優れた4レイヤー生地を使用
 表面のSUPPLEX地には防カビ、抗菌処理のUltra-Fresh加工 超撥水処理の
 Teflon加工済み。
c0163207_1175843.jpg

 Palmのスティキーンと比べると素材自体がしなやかなので体の動きに良くフィット
 してくれる。着ていてガサガサしないのが良い感じ。

・リトル独自の膝上シーム

 摺れ易い内側の縫い目を膝上に移動して耐久性UP、脚漕ぎカヤックにも是非。

・僕等外野のリクエストに応えて付けてくれたフード

 この日も終盤は寒くてベイトリールをパーミングする手がかじかみやってられなくなって
 帰途に着いたが、 帰り道に フードを被ってみたところホントに暖かい。
 布一枚だが驚きの保温効果があることを再認識。
 おかげでシャローのミノーでの釣りをやる気力が沸いてきた。
 耳当て付きのキャップを被っていたがキャップの先端をフードに引っ掛けられるので
 キャップの上に被ると視界も確保できる。

今の所一色でのデリバリー、ユニフォーム姿になってしまう。
でも大勢に着ていただければ他の色も作ってくれると思うので宜しくお願いします。



今日は有料駐車場から浜までドーリーで引いてエントリー。
一日駐車して¥400と納得の料金の上、新しいアスファルトが敷いてあり撤収時や
着替えにも砂が付かなくて快適、歩いて10分程度と近い。
バス停が近いので常に人の出入りがあるので車上荒しも狙い難いはず。
c0163207_1146824.jpg

途中悪路やトンネルもあり
c0163207_11471186.jpg

2人で持ち上げて超えないとならない障害もあるが、なんとか陸沈することなく浜に到着。
c0163207_11503593.jpg

一月末の難しい時期にもかかわらず、そこそこ釣れて大満足。
c0163207_12474832.jpgc0163207_11582432.jpg

kikuさんナイスサイズをキャッチ!Sさんは針数減らして優しくリリースしてる。

c0163207_1215012.jpgc0163207_121517100.jpg

いつものTeam Banzy!!

c0163207_12165914.jpgc0163207_12171925.jpg

unokenさん、今回はベイトタックルを準備。
しかし金属カバーのベイトリールはこの時期冷たくてツライ。
c0163207_1222246.jpg

魚のコンディションは良く、引きは強い。

深いところはジアイが去って反応が無くなったので浅いところをサーチ。
まさかの水深1m無いシャローのミノーの釣り、全開リトリーブにジャーク、ストップで
Gong!
盛期の釣りと同じ活性にビックリ。
c0163207_1224407.jpg


水温10度で寒かったが魚は元気だった。
首ガスケット切らずに一日着てたら摺れた部分が痛い。
[PR]

by moch3636 | 2011-01-23 22:00 | カヤックフィッシング
水中動画撮影装置
オンボード映像用カメラのGoProは防水ハウジングに入れると水深60mまで耐えられるらしい。
この事を知った時に思い浮かんだのは、海に沈めて見たいという釣り師なら誰でも抱くであろう思い。
そのためにカメラを買いフラッグポールを分割式に改造するところまでは少し前には出来ていた。
錘として使う物を物色していたがなかなか良い物が見つからなくて伸び伸びになってしまっていたが
先週から作り始めた錘が出来たので水中動画を撮影する準備ができた。
といってもそれほど大袈裟なものではなくカメラを付けたフラッグポールを沈めてしまおうというもの。

通常のフラッグとして使用中の状態、艇に付けたスコッティーのマウントに刺してある。
c0163207_1039878.jpg

背後のマウントから外す。
c0163207_1154599.jpg

フラッグ部分を引き抜き。
c0163207_10412357.jpg

アルミの19mmパイプの上端に開けた穴にGoProのマウントにつけておいたステンシャックルを装着、Funさんにはこんな物まで置いてあった(驚)。
c0163207_1044472.jpg

SUS304の錘(100x50x30)比重7.93で約1.2kgを付け投入。
c0163207_10593839.jpg

カメラが海底の90cm上で錘が着底する。
魚眼に近い超広角レンズなので何か撮ってきてくれるだろう。
光量が心配だが夜間撮影してもまずまずの映りだったので30m位までは映るかと期待。
向きのコントロールができないので錘にスパンカー付けて潮上向くようにしないとならないだろうか。
後は取り付けるロープ、楽して古い電動リールを引っ張りだそうかと…
暖かくなったら水の綺麗な所に行って撮りたい。
[PR]

by moch3636 | 2011-01-18 12:30 | カヤック艤装
1月16日 富津市 木更津市
今週末も強い冬型の気圧配置で浮けない予報。
悪い予報に落胆しながらも、ワカサギ釣りの新兵器をあーでもないこーでもないと考えたり、GoProを沈めて水中動画を撮る妄想を膨らましたりして過ごしていた。
水中動画用に錘を作り始めてみた。
c0163207_22321665.jpg

かなり大きなSUS304の厚板から手押しのバンドソーで切り出す。
c0163207_8533045.jpg

1時間押して汗だくになりながらなんとか切り出した。
スコッティーのサイドデッキマウントはロック式、4角のRは5.5R位。
角にR付けてタップを切る予定。
GoProが取り付けられたフラッグポールごと沈めてしまうという算段だが上手くいくか?
完成はまだ先。

習慣で日曜日の朝は寝ていられない身体になってしまっている。
朝からリールのメンテとかしてみるが、浮けないのは承知で海に出かけた。
13時過ぎの富津海岸
c0163207_2240271.jpg

崩れた波頭が風に巻き上げられて霧になっている。
空気が澄んで右端に写るランドマークタワーが近くに感じる。
ウインドサーファーの上級者が凄いスピードで水面を飛んでいく。
こんな暴風になる前、正午頃は一瞬の無風状態があったようだ。
第二海堡では
c0163207_22435661.jpg

無風からいきなり10m/sとは実に恐ろしい。
風向きが変わる一瞬の静寂、何度か経験したが気をつけたい。
この風で攻められるポイントは一箇所のみ…FUNさんへ一直線。
妄想をさらに膨らませる艤装品を購入していると、家に居られない人が2名来た。
c0163207_22504731.jpg

少し遠ざかっていた木更津の海。
釣り物の少ないこの時期には大切なフィールドだがアクセスが困難。
少々のやる気さえあれば十分釣りができるという事が判った。
c0163207_22553228.jpg

駐車場から結構近いかも。
[PR]

by moch3636 | 2011-01-16 20:00 | カヤックフィッシング
1月9日 高滝湖
昨日、8日土曜日は穏やかな天気だったが、今日、明日の連休は強風予報。
しかたなく?高滝湖でワカサギ釣り。
c0163207_19451842.jpg

海には浮けそうも無いので今日はFUNさんメアさんmoriさんも参戦。
いつものpescadorと総勢5艇。
c0163207_1949116.jpg

準備中は風が無く寒さもそれほど感じないのでpescadorはダウンジャケットを脱いで出艇。
釣り始めて間もなく風が吹き始めて取りに戻るはめになった。
やはり水温6度の湖上で風に吹かれると寒い。
時折ワカサギの群れが廻って来る。
c0163207_201296.jpg

moriさん5匹掛け達成!
前回のワカサギ釣りでは苦戦していたFUNさんも今日は大漁
c0163207_2019259.jpg

今年の高滝湖は型は例年より小さめだが数は多いというボート屋さんのお話。
c0163207_20271913.jpg

暖かいカップラーメンは釣りしながら湖上で食べたが、一度上陸してコーヒータイム。
FUNさんがぬるいお湯をジェットボイルで温めなおしてくれたので熱々のコーヒーでリフレッシュ。
後半戦は2時から開始。
しかし群れの真ん中に仕掛を落としても反応が無い状況が続く。
あちこち漕ぎ廻って群れを探してみても反応は大差なく時間ばかりが過ぎていく。
c0163207_20464271.jpg

日も傾き始めて皆敗北感たっぷりで出艇場所に集まってくる
我々と同じく海に出られなかったyamasan達と湖上でご挨拶。
c0163207_20492493.jpg

出艇場所でのんびり浮いているとメアさんが群れを見つけて爆っている。
yamasanご一行も爆釣中。
c0163207_2049476.jpg

もっちもラストスパートかけて後半30匹くらい。
帰って数えたら全部で120匹
c0163207_20522026.jpg

後半釣れない時間が長く続いたのであまり釣れた感じがなかったが、前半で今日の目標70匹はクリアしていたようだ。
帰ってからのお楽しみ。
c0163207_2057318.jpg

ごちそうさまでした。
[PR]

by moch3636 | 2011-01-09 20:00
1月3日 鋸南町
あけましておめでとうございます。
西日本では荒天となった正月、関東では1日、2日共に浮ける天候だった。
初浮きの今日、3日は風も弱まってくる予報だが意外と吹いている。
c0163207_20131328.jpg

元気なメンバー達は少しウネリの残る海上へ…すでに9時。
c0163207_20171054.jpg

漕ぎ出すとすぐに魚探はベイト反応で真っ赤。
サビキを落とすとすぐにアジが掛かる。
c0163207_20212294.jpg

とりあえずアジは濃い群れがいるようだ。でも今日はDeepイカ狙いに沖へ漕ぐ。
pescadorはドリフターで。
c0163207_21231131.jpg

新しいドライスーツは生地がしなやかで楽な着心地らしい。
肌寒い今日は被っているだけで暖かいフードが羨ましい。
イカ名人揃いののっちさんグループ。
たむぞうさんとトッポさんの釣りっぷりにのっちさんも真っ青。
c0163207_20272416.jpg

でも快調にイカを釣っているのはこの二人だけ、他にも大勢浮いているが全員苦戦中。
お昼頃には結構な北風が吹いてウネリが大きくなってくる。
北風なので、昨年の正月のように出艇場所のサーフが荒れる事はないのだが、ウネリで釣り難いので風裏でしのぐ。
一時になってもアタリ一つないが誰一人離脱することなく黙々とイカ狙いを続けている。
根の荒い場所でエギを一つロストしたので砂底で粘ってみる。
水深32m、スキッドシーカー30gでも着底が判り難くなってくる。
着底後の一シャクリ目がすでに重くなっていた。
海底で動かないエギを抱いたのだろう。
c0163207_20423028.jpg

慎重に巻き上げると大きくはないが貴重なアオリイカ。ほんとに嬉しい新年初イカ。
ティップランらしく竿先に出るアタリを取りたいところだが、贅沢は言ってはいけないだろう。
c0163207_2057121.jpg

まだまだ頑張る田吾作さんnomchuさんと別れてアジ狙いに切り替える。
のっちさんトッポさんもまだ頑張っている。
c0163207_2152019.jpg

トッポさんは11パイのイカをキャッチしたとのこと。皆が苦戦したこの日の状況では突出した釣果だ。

漕ぎ戻っていくと、イカたくさん獲って余裕のたむぞうさんと伊奈パパさんがアジの群れの上で浮いている。
相変わらず魚探真っ赤なアジの群れ。

水深は40m程、サビキ仕掛に20号錘。着底まで40カウントのリズムをチェックする。
アジは20m位が濃い感じ、カウント20でベールを戻した瞬間にガツガツと掛かる。
イカやらないで一日アジ狙いでも良かったかも…
コマセ無しのサビキだけなので魚探と重めの錘が武器。
まだまだ勉強中だが、サビキの針の大きさと色が食う食わないを分ける要素か?
意外とセレクティブな群れも居たりするのでサビキの種類はいくつか必要のようだ。
c0163207_20552657.jpg

30近く釣って終了。
帰着はSさんと一緒。
c0163207_20562985.jpg

田吾作さんもnomchuさんも根性でイカをキャッチしての帰還。
アジは塩焼き、刺身、山盛りなめろう、にした。
c0163207_21143999.jpg

釣って良し、食って良しのアジ最高! 
イカはしばらく休もうかと…ちょっと風邪気味。

駐車場所でカヤックカートのタイヤ(ノーパンクのタフタイプ)を一つ拾いました。
木更津のFUNさんに預かっていただいたので心当たりの方は連絡取ってください。
左のリンクから飛べます。
[PR]

by moch3636 | 2011-01-03 20:00 | カヤックフィッシング