カヤックフィッシングとはカヤックのみならずカヤックからのフィッシングまでも楽しんでしまおうという欲張りな遊び、内房メインに浮いてます。
by moch3636
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク

フライフィッシンググッズ
リトルプレゼンツ

ミッドフリースジャケット&パンツ新発売

リトルオーシャン、カヤックアングラーが作ったカヤックフィッシング用PFD新発売

カヤックフィッシングの草分
ナカムラ軍曹殿のBlog


くらげ商店 日本初カヤックフィッシング専門ショップ ナカムラ軍曹殿独自の品揃えは必見

カヤックフィッシングで釣れるのかーっ!っていつも軍曹より釣ってるワイズさんのブログ

試乗会開催中!動画の解説は必見です。更新ブログの一覧は大変便利、カヤックフィッシングをやってみたいという皆さんを応援するサイト

カヤックフィッシングといえば
TEAM N.W


漕ぐ釣る食う J-yamadaさん

Double×Cross
ダブルクロス くららさん


H.Tagyo's blog/BURNS ltd.

シットオントップで水遊び
medakaさんのブログ


広く浅く…
bluegrassさんのブログ


水平線の歩き方
まぶさんのブログ


カヤックフィッシング関連グッズが充実,木更津のFun
釣りの行き帰りに寄って情報収集しよう


kayak55スタッフ、チャン松さんのブログ

TeamBanzy!! チームのメンバーで更新

エキスパート揃いの疑似餌釣遊倶楽部

鬼パドルRideing! ライド乗りの”のっちさん”のブログ

TeamK・E 使えるgoodsの紹介が秀逸!財布の紐縛ってからクリック

カヤックフィッシング以外でも機械も電子も工作技術がプロレベルのマメぞーさん

安全、艤装の参考に、先輩カヤッカーYATAさんのHP
Shallowwater,TeamFIT TOKYO


石垣島のアウトリーフに漕ぎ出してのジギング開拓、豪快かつ緻密なshuさんのブログ

ターポンウルトラライトでカヤックフィッシングされているMikoliさんのブログ

瀬戸内ルアー&カヤックフィッシング、isoさんのブログ

一人中年漂流記、いつも一緒に浮いてるメアさんのブログ

陽気にカヤックフィッシング
コロニャーさん


魔神風車固め unokenさん

修行日誌、TKSさんのブログ

玉砕工房、玉砕せんせいのブログ

忙中閑だらけ、イカマスターのブログ

新!狭い視野広い意見!
みんぱぱさんのブログ


チーム木曜会
チャンプの後輩さんのブログ


ターポンでGO!
けーふぁくさんのブログ


KF探検隊
のぶぞうさんのブログ


一人じゃ怖い、Kayak Fishing
誠さん


みんなで作るカヤックフィッシングwiki sirosixさん
出艇場所公開について
もっちにメール
最新のコメント
カヤック禁止だから、もう
by るい at 17:10
正しいビームのためのヒン..
by グッチ ベルト at 08:33
合計18K古い時計のダイ..
by 時計 通販 at 08:47
ウォッチングは楽しい運動..
by Coangerge at 00:14
>コロニャーさん ありが..
by moch3636 at 17:13
のんびり治療に専念してく..
by コロニャー at 19:25
>GT200さん GT2..
by moch3636 at 17:19
>コロニャーさん キンメ..
by moch3636 at 17:18
お話する機会が無くて残念..
by GT200 at 13:10
でか真鯛おめでとうござい..
by コロニャー at 20:33
最新の記事
お気に入りブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
只今、中国出張中
何度か見に来てくれた方ごめんなさい。出張でブログの放置も一月近くになってしまいました。

現在滞在中の中国、無錫。
上海から内陸に車で二時間程走った所にある街、想像を裏切る大都会だ。
繁華街はとても現代的で賑やか、人間が多いので歩き難い。
c0163207_14574096.jpg

ここでは鯉は人間以上の丁重な扱い。
c0163207_1671122.jpg

二人目の子供を生むと法外な罰金だそうだが鯉には哺乳瓶で餌をあげている…
こんなことを書くと、エキサイトブログの中国国内からのアクセス禁止が伸ばされそうだな。
といっても裏口からのアクセスで現に更新もできているのだが…

太湖の畔でひまわりの種を食べながらお茶すれば、中国らしさも感じられる。
c0163207_150186.jpg

このお茶、一食分の食事の倍の価格だが、かなり美味しい。
c0163207_1561173.jpg

お湯はお変わり自由なので何杯でも飲める

二度目の訪問だが前回は2泊3日、今回はもうすぐ一ヶ月になろうとしている。

c0163207_13213652.jpg

この魚、ホテルの隣のスーパーの活魚コーナーに泳いでいた30cm程のラージマウスバス、もちろん食用。
8年ほど前に無錫地域には日本の釣りクラブがラージマウスバスの放流をトン単位で行ったそうなので、近隣の湖沼には定着しているのだろうか。
一匹10元程と肉マン1個1元の物価からすると高めの高級食材といった位置だろう。

どこかで釣れるのかもと釣り師の性が目覚めてきた。

今日はこちらに来て初めての完全フリーな休日。

しかし出かけようにも、英語圏やスペイン語圏なら旅行程度の会話は問題無いが、中国ではまったく言葉が解らない。

少し調べてみると釣具屋があるらしい。

ホテルに篭っていても滅入って来るので、外の埃っぽい空気でも吸いに出たいのだが…

タクシーで筆談という手もあるが会話しなくて済むバスを選択した。

バス路線もまた超複雑で何処に向かうのかよく解らないのだが…とりあえずバスに乗ることにした。

ネットで地図に線が引かれた路線図なる便利物がなかなか見つけられずに文字と土地の名称で当たりを付けて乗るべき路線バスを探す。

こちらの漢字は略字が多く読めない字も多いが、よく見ているとなんとなくだがわかって来る。
c0163207_13372685.jpg

停留所を乗り越さないように、運転席の背後の座席に座って車内案内用のモニターに出てくる停留所名をチェックしながら進む。
降りたいところで大声で叫べと駐在の日本人に聞いていたので緊張していたのだが、日本のような降車ボタンが降車専用出口付近に設置されていて事無きを得た。
c0163207_1341107.jpg

新区医院から尺〇渚橋(フォントがないので不正確)まで20分程度の乗車時間
なんとか目的地で降りられたようだ。
c0163207_13564060.jpg

角のウォルマートの裏にある上州屋へ。
5分も歩くと上州屋発見!
c0163207_1357455.jpg

入り口に近づくと店内が真っ暗、休みなのか?
入り口の魚図鑑はリョービ製。
c0163207_1415097.jpg

中に入ってみると普通に営業中、スタッフ二名が中国語で会話中。
日本語で何か話が聞ければと淡い期待も持っていたがあきらめて店内を一周。
偽物が氾濫している中国、ここで何か買おうとは思っても居なかったので期待は無かったが思ったとおりに欲しいものは見つからず。
でもネタ的には宝庫なので少しご紹介。

c0163207_14123828.jpg

入ってすぐの雑誌コーナーには路亜時代(ルアータイムズ)なる月刊誌。
表紙には見覚えのあるキャップと顔がある。
163cm44kgの魚が釣れたとの記述も…魚感 魚 って何?

ケースの中には高級な部類の商品が並ぶ
c0163207_14183177.jpg

DAIWAの新ロゴの商品や、スノーピークブランドの小物も
c0163207_14191989.jpg

あまり目に停まる物は無く
c0163207_14221866.jpg

オーナーの針はかなりの品揃え
c0163207_1423635.jpg

安すぎなので偽物疑惑が拭えない。
中国のワカサギは30cmはあろうかという針の大きさ。
c0163207_14242489.jpg

お昼近くなり腹も減ったのでケンタッキーとマックで迷ったがマック。
店内の様子も見慣れた様子。
c0163207_14291148.jpg

飲み物の選択を聞かれないのが違い、コーラしかないのだろうか。
c0163207_14283063.jpg

出てくる物もまぁ普通。
でも食べてびっくりチキンがかなりピリ辛。
日本の物より美味しい。
でもこの大都会、これだけの人間が居て釣具屋のお粗末な感じは否めない。
日本人の釣り好きって異常なのだろうか…

購入したのは日本ではまず買えない亀の甲羅の形をした小物入れ5元。
c0163207_1539337.jpg

この亀、ホイットレーのドライフライ用のコンパートメントBOXと同様の使い方が出来る上角がないのでフライベストに最適。
もっちは¥25,000の両面タイプなホイットレーを持っていますが亀の方が使い勝手は上。
あと上州屋のワッペン5元。5元は¥60位
バス代2元=¥24 往復¥50

このところ連日スッポンの煮物を食べていたので何故か目に停まった亀でした。
c0163207_15253733.jpg


ホテルの二階の窓からの景色
c0163207_14361985.jpg

ここはいつも霞んで透明感のない空気。

今回の出張は残り数日、心はすでに海の上に浮いてます。
[PR]

by moch3636 | 2011-12-11 13:42 | 釣り以外の日記
<< 12月17日 富津市 18日 鋸南町 くらげ商店 アマモ杯 >>