カヤックフィッシングとはカヤックのみならずカヤックからのフィッシングまでも楽しんでしまおうという欲張りな遊び、内房メインに浮いてます。
by moch3636
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク

フライフィッシンググッズ
リトルプレゼンツ

ミッドフリースジャケット&パンツ新発売

リトルオーシャン、カヤックアングラーが作ったカヤックフィッシング用PFD新発売

カヤックフィッシングの草分
ナカムラ軍曹殿のBlog


くらげ商店 日本初カヤックフィッシング専門ショップ ナカムラ軍曹殿独自の品揃えは必見

カヤックフィッシングで釣れるのかーっ!っていつも軍曹より釣ってるワイズさんのブログ

試乗会開催中!動画の解説は必見です。更新ブログの一覧は大変便利、カヤックフィッシングをやってみたいという皆さんを応援するサイト

カヤックフィッシングといえば
TEAM N.W


漕ぐ釣る食う J-yamadaさん

Double×Cross
ダブルクロス くららさん


H.Tagyo's blog/BURNS ltd.

シットオントップで水遊び
medakaさんのブログ


広く浅く…
bluegrassさんのブログ


水平線の歩き方
まぶさんのブログ


カヤックフィッシング関連グッズが充実,木更津のFun
釣りの行き帰りに寄って情報収集しよう


kayak55スタッフ、チャン松さんのブログ

TeamBanzy!! チームのメンバーで更新

エキスパート揃いの疑似餌釣遊倶楽部

鬼パドルRideing! ライド乗りの”のっちさん”のブログ

TeamK・E 使えるgoodsの紹介が秀逸!財布の紐縛ってからクリック

カヤックフィッシング以外でも機械も電子も工作技術がプロレベルのマメぞーさん

安全、艤装の参考に、先輩カヤッカーYATAさんのHP
Shallowwater,TeamFIT TOKYO


石垣島のアウトリーフに漕ぎ出してのジギング開拓、豪快かつ緻密なshuさんのブログ

ターポンウルトラライトでカヤックフィッシングされているMikoliさんのブログ

瀬戸内ルアー&カヤックフィッシング、isoさんのブログ

一人中年漂流記、いつも一緒に浮いてるメアさんのブログ

陽気にカヤックフィッシング
コロニャーさん


魔神風車固め unokenさん

修行日誌、TKSさんのブログ

玉砕工房、玉砕せんせいのブログ

忙中閑だらけ、イカマスターのブログ

新!狭い視野広い意見!
みんぱぱさんのブログ


チーム木曜会
チャンプの後輩さんのブログ


ターポンでGO!
けーふぁくさんのブログ


KF探検隊
のぶぞうさんのブログ


一人じゃ怖い、Kayak Fishing
誠さん


みんなで作るカヤックフィッシングwiki sirosixさん
出艇場所公開について
もっちにメール
最新のコメント
カヤック禁止だから、もう
by るい at 17:10
正しいビームのためのヒン..
by グッチ ベルト at 08:33
合計18K古い時計のダイ..
by 時計 通販 at 08:47
ウォッチングは楽しい運動..
by Coangerge at 00:14
>コロニャーさん ありが..
by moch3636 at 17:13
のんびり治療に専念してく..
by コロニャー at 19:25
>GT200さん GT2..
by moch3636 at 17:19
>コロニャーさん キンメ..
by moch3636 at 17:18
お話する機会が無くて残念..
by GT200 at 13:10
でか真鯛おめでとうござい..
by コロニャー at 20:33
最新の記事
お気に入りブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
タグ:ジッターバグ ( 10 ) タグの人気記事

5月18日 ナマズ釣り
5月6日の竜巻被害には驚かされたが、その後も続く不安定な天候。
今日も正午頃には豪雨と雷。
c0163207_002814.jpg

17時過ぎには突き上げるような地震。
c0163207_07078.jpg

丁度この頃マシニングセンターのセッティング中だったもっち、どーんと下から突き上げられてかなりびっくり。

スタートボタン押したら工具数本のプログラム、朝には出来上がり。
機械が働いてくれるので帰宅途中にナマズ釣り。
豪雨の後に晴れたのだが気温は一気に5度も下がった。
上着が無いのでかなり寒い。
強い地震でナマズは駄目?
c0163207_0154779.jpg

なんとかいつもの鉄板ポイントでちっさいの一匹キャッチ。
今年の初ナマズに気分を良くして帰宅するとタイからの荷物が届いていた。
c0163207_0211847.jpg

一瞬何が来たのか判らずにおそるおそる開封。
c0163207_023226.jpg

GoProのノーマルレンズと交換するフラットレンズだった。
ノーマルのレンズでは水中撮影ではボケた感じだがフラットレンズに交換するとはっきりくっきり撮れるのです。
比較動画

これで中断していた水中動画計画が進められる。
プラスチックにセルフタッピングスクリューなので締め付けトルクが微妙だが何とか交換作業終了。
c0163207_0375560.jpg

46mmと52mmのフィルターも付けられるようになったのでPLフィルター付けてみよう。
明後日の出撃で試せるだろうか。
[PR]

by moch3636 | 2012-05-18 23:00 | ただのフィッシング
10月2日 カヤックフィッシング(インドア)
台風で増水していた川も平水に落ち着いてきたので、9月末には通勤路横でのナマズ釣りができた。
c0163207_16363427.jpg

ここの釣りはちょっと楽しい。
何が楽しいのかというと対岸ぎりぎりまでフルキャストしてからフリーに流すとバシュっと出る。
リトリーブはしないがフリードリフト感が楽しい。
手前は護岸で深く落ち込み流れが早い。
対岸は浅い砂利底でゆるい流れ。
ロッドを高く掲げて流れを跨いでフリーで流す距離を稼ぐ。
革靴で行ける場所なのが楽、釣れても釣れなくても数投したら終了。

2日の日曜日は前日にカヤック積んで行く気満々だったのだが、寝坊して風現況みたら7~8m/sと意気消沈。
やることもないので釣具屋行ってT3用のフレーム保護用プレートを貰ってきた。
c0163207_1648152.jpg

上のプレートを貼る前に下のダミーテープを貼って接着面の汚れを掃除しろとの事。
c0163207_16495656.jpg

親切な貼り方説明書付き。
張る前
c0163207_1652031.jpg

貼り付け後
c0163207_16522894.jpg

後ろ側から
c0163207_16524748.jpg

もっちのT3はナマズ釣りに少ししか使っていないので塗装は禿げてはいなかったが、ヘビーユーザーの物は禿げて来るらしいので配布されているらしい。

この作業も5分…釣りに行かないと時間を持て余すなぁ

あとは室内でカヤックフィッシング。
c0163207_16562147.jpg

Wiiのファミリーフィッシング。ほとんどのポイントでカヤックフィッシング可能。
シットオンカヤックはかなり普通な釣り道具として認識されている様子。
でもこれかなり難しい…バラシてばっかり。

次回の休みは現実の釣りをしたい。

くらげ商店のフォトトーナメントに応募できるメガカワハギ釣ったります。んっ餌釣りOKかな?
[PR]

by moch3636 | 2011-10-02 22:00 | カヤックフィッシング
6月22日 ナマズ釣り
昨日の21日は、一箇所目の小川で良型を抜き上げ時に落としたので、残業して2箇所目の田んぼ脇で一匹キャッチ。
c0163207_1455240.jpg

c0163207_1461674.jpg

57cm

で夏至の今日22日は久しぶりに行く広い川。
実績のプールに着くとかなりの増水&濁り。
昨日の小川や用水路は平水に近い感じだったのだけれど大きい川は引くのが遅れるようだ。
プールのポイントはゴーゴーと流れてほぼ流すラインが無い。
それでも葦際狙ってプールの上手まで攻めるが反応無し。
7時半ではまだ明るいので駄目か…
背後の流れがなにやら騒がしい。
背後にはプールに注ぎ込む分流があるが水深10cm~20cmのチャラ瀬。
普段は水が無いので所々に陸の草が生えている。
鯉がバシャバシャとやっているのかと覗いてみる。
数匹の魚が立てる波が上流へとゆっくり移動している。
良く観察すると魚はナマズだった。
コイなら背びれと尾鰭の上の角が見えるはずの水深。
かなりの広い範囲のチャラ瀬内に、扁平な頭の立てる水面の盛り上がりがいくつも確認できる。
ニーブーツでどこでも歩ける深さなので深くても20cm。
ジャブジャブ歩いてチャラ瀬の真ん中に移動。
川が広いので360度キャストできるが、魚を蹴散らしながら歩いてきたので真っ暗になるまで静かに観察する。
まだ少し明るいのと街灯の明かりがあって水面の盛り上がりが確認できる。
やがて真っ直ぐ自分の方に近づく引き波。
足の真横10cmまで来た、でかい!60cオーバーのナマズ。
もっちの足を障害物と勘違いしているのか暫く停止。
数十秒経っただろうか、上流へと移動を開始。
リールに掛けていたジッターバグをそ~っと外し、足が動かないように体をねじってナマズの鼻先に“ポトン”と落としたらズボンとバイト!
そのままファイトしてかなりの水しぶきを掛けられたがキャッチ。
カメラ忘れて携帯電話での撮影
c0163207_14392913.jpg

リールは要らないな。
その後は葦際の水深10cmで一度掛かってファイトしたヤツが次のキャストにも食いついて御用。
二匹居たのかも。
c0163207_14421690.jpg

プールからたくさん上がってくるのは確認できるのだがなかなか目前に落とすのが難しい。
流れの中な上へたくそなバイトでなかなかヒットまで持ち込めない。
大きなプール上のチャラ瀬が熱い!
8時に一匹、8時半に一匹と二匹しか釣ってないがかなり楽しめた。

c0163207_6302145.jpg

c0163207_6312013.jpg

[PR]

by moch3636 | 2011-06-23 00:00 | ただのフィッシング
6月14日 ナマズ釣り
今日は午前中に健康診断、バリウム飲んでぐるぐる廻されてきた。
体重は昨年の健診時と比べて-3kg。(^^♪
ほぼ0.1トンなので誤差の範囲か。
もっとナマズ釣りの時間を増やしてウォーキングしなくちゃ。
バリウムには下剤の成分も含まれているらしいのでお腹ゴロゴロだけどちょっと寄り道。
まだ明るさが少し残る18:30頃にベビーバド,ラトルブレードチューンで40cm
c0163207_8585517.jpg

先日のフリーマーケットで購入した物
ベビーバドはビッグバドの爆発的釣果から派生したダウンサイジングモデル。
スミスからの提案で商品化された物、詳しくはこちらで。
リップが付いているのでクランクベイトかと思われやすいが、双方とも完全なノイジータイプのトッププラグ。
一緒に買ってきたラトル入りブレードに換装して今日初めての投入。
ビッグバドほどのカランカランという感じではないが結構遠くからジャラジャラと音が聞こえる。
流れのある用水ではキャストして着水した場所で留めておくだけでジャラジャラと音をたてて泳いでいる。
巻くのが重いのでただ留めていたら上のナマズが掛かった。
次回はビッグバドで狙ってみたい。
完全に暗くなったのでウミホタル付きのジッターバグに変更。
頭でっかちのウミホタルはキャスト後の空中から良く見えるのでサミングでコントロールし易い。
用水路の増水の度合も少し落ち着いてきていて、流芯でも逆引きで泳がせられるようになった。
いかにもという土管からの滝壺でジュボッっと出た。
c0163207_91844.jpg

c0163207_9195017.jpg

50cmには届かず。
足場が低く、手前の葦が無い場所ではこの6feetロッドに2500cのライトなタックルが軽快に釣れて良い感じ。
[PR]

by moch3636 | 2011-06-14 22:00 | ただのフィッシング
6月10日 ナマズ
帰り道の定点観察ポイントを見たら水位が少し高い。
フライで釣ってる方と少し情報交換。
フライライン0番を使っているとの事。
ウエットのように流すと、流すたびにアタリが出ている。
オイカワ入れ食い。サイズは10センチないくらい。
ロッドが極柔なのでヤマベでも満月。
これも楽しそう。

ナマズ的には川は厳しそうなので、初めての田んぼの中の用水で探してみる。
明るいうちにナマズが隠れてそうな場所のあたりをつけておく。
暗くなってから釣り開始。
水位は高めだが濁りが入って高活性。
ズボッとかボフッとかチュボッとか賑やかではあるがフッキングしてこない。
用水が幅10m程の流れに入る落ち込みでやっと掛かった。
c0163207_035113.jpg

ナマズの側線、胴体に切り取り線のように入っている。
c0163207_0384541.jpg

60cm 
メンテして持ってきた5500-C3も快調。
でもPEラインはいただけない、ティップに絡んで非常に使い難い。
ここも水量が多くポイントが少ないので幅2mの用水に移動。
バイトはたくさん貰えるのだが増水で流れが速いので食いきれない感じで乗せられない。
ルアーが弾き飛ばされること多数。
しつこく攻めて、なんとか濁りの中からキャッチ。
c0163207_0472018.jpg

少し小さい55cm位。
さらに釣り下って田んぼから出るパイプの落ち込みから出た。
さらにサイズダウン45cm。
c0163207_0503545.jpg

田んぼの中の畦道なので歩きやすい。
時々大きな蛙が飛び込んで驚かされる。
相当な急流からもバイトしてきて楽しい。
2時間くらいやっただろうか、3匹目を釣ったところで雨が降ってきたので終了。
[PR]

by moch3636 | 2011-06-10 22:00 | ただのフィッシング
6月7日 ナマズ
一番近い小川も増水していた水位が下がり平水以下になった。
水位が高かった時に良く出たポイントは透明度も上がって底丸見え状態。
今日は下流の深いポイントを打つことにした。
新場所開拓では1バイトあったのみ。
結局釣れたのは実績の場所。
c0163207_9345525.jpg

今日はこの小さいナマズ一匹だけ。
リールはいつもの2500Cではなく昨晩、分解清掃して組み直した35年前のABU5000C、まだまだ快調。
c0163207_9581115.jpgc0163207_9593316.jpg


5000Cが楽しく使えたので、帰宅してから、棚で眠っていたパーミングカップ仕様の5500-C3も整備した。
c0163207_10544255.jpgc0163207_110968.jpg


分解していてまったく構造が違うのが面白い。ラインがPEのままだとトラブりそうだ。
ダイワの最新機T3もそろそろ発売らしい。久しぶりに使ってみたいリール。
かつてスプールが重すぎでキャストには向かないリールを発売したメーカーとは思えない進歩。
ロッドは6feet8inchのグラス。下流の護岸上からの釣りだと長めが良い。
水際まで距離がある時のピックアップがしやすい。
とりあえずルアーを空中に放り上げて宙に浮いている間にラインを巻き取らないとならないのでハイギアが欲しい。
[PR]

by moch3636 | 2011-06-07 23:00 | ただのフィッシング
今日のナマズ釣り
前々回、前回と取り逃がしている例のポイントの手ごわいナマズ。
今日こそと意気込んで同じポイントへ。
車から降りると寒い。
一枚着込んでから車に常備してあるナマズ用具の入ったウエストバッグを装着。
台風がもたらした雨でまだかなり水位が高いが濁りはそれほど酷くない。
流れが厚く速い、通常のポイントはほぼつぶれている。
目的のポイントはなんとか巻き返してジッターバグが引けそうだ。

水位が高いので出てくれるだろうか…

期待を込めた一投目、ボチャン…出ない…巻き始めてポコポコ…ボシュッ!!

出たが乗ってこない。そのまま巻いても追い食いはしてこない。

二投目、ボチャン…ポコポコポコポコ…かなり手前まで巻いたところでズボッっと食った。

フリーマーケットで買ったばかりのロッドが良い感じに曲がってしっかりフッキングしたようだ。

大きな溜まりなので障害物から離してしまえばもう安心。

c0163207_2344691.jpg


55cmのメタボリックナマズ。もっと大きい予定だったのだけれど…

c0163207_2371676.jpg


このロッド、6feetと短めだが柔らかいので軽量な3/8ozのジッターバグでも投げやすい。

2投で終了。

次回の調査場所を少し見て回ってから帰途に。
[PR]

by moch3636 | 2011-05-31 23:31 | ただのフィッシング
今週のナマズ 
先週まで釣っていた小川の調査を終え、今週は隣の少し広い川へ。
川幅が広いところではフルキャストしても対岸に届かない、大きな流れ。
蛇行しながら瀬と淵が連続して変化に富むエリアだ。
瀬と瀬の間が4~500mくらいだろうか。一日一場所という感じで調査。
水、木、金と一箇所づつやってみた。

水曜日は、アウトサイドの土手に流れが当たって崩れている場所。
c0163207_0175248.jpg

土手が終わってテトラ帯に切り替わる溜まりで出た。
c0163207_0185450.jpg

45cm 川が大きいので大型を期待したのだが…
さらに進むと…
c0163207_0202857.jpg

自己記録更新

木曜日は淵から瀬に繋がる浅い場所。流れが広くなっていて、明るさが残る夕方にはヤマベを追うスモールマウスバスのボイルが結構見られた。
ジッターバグへのバイトは2~3回貰えたがフッキングには至らずボウズ。
ナマズのストックは多そうな場所。
ロングキャストして浅い場所を狙うのも楽しい

今日金曜日は少し上流、川幅はぐっと狭まって先週の小川と似た感じ。
c0163207_030272.jpg

泡の切れ目の巻き返しにピッチングで落としたら出た。
少し川が匂うのを除けば岩魚のフライフィッシングをしてるような感覚だ。
c0163207_0325883.jpg

真っ黒なヤツ、右の髭が切れた”片髭無し”
まだ明るかったのでストロボ無しで撮れた。
c0163207_0355238.jpg

60cm弱だろうか川が大きいのでさらなる大型を目指そう。
[PR]

by moch3636 | 2011-05-20 22:00 | ただのフィッシング
寄り道してナマズ釣り
4月15日のBanzy先生とのナマズ釣り以来、通勤路の横を流れる小川を上から下まで調査。
一日1ポイントとマイペースでの調査だけど、ナマズ釣りができそうな対象エリアをほぼ見た。
調査したのは下流で大河川に合流する小河川、合流の近辺ではゆっくり流れて深みが多い。
きっとナマズの量は多くいるのだろうが、ジッターバグへのバイトは散発。
釣り易いのは上流部、瀬と淵が交互に現れる流れ。
瀬は小石のチャラ瀬となり魚が隠れる場所は無し。
淵のエグレや葦際のいかにも居そうな場所にはほぼ確実に隠れている。
釣り下りが基本、明るい時間だと渓流釣りのような雰囲気もあって次々とポイントを叩くのが楽しい。
c0163207_8575491.jpg

c0163207_8561022.jpg

c0163207_8573374.jpg

この川のアベレージ、50cm程度。

居そうな場所はピンポイント、キャストの精度が求められてテクニカル。
護岸の上から狙ったり、手前の葦越しに釣ったりするのでロッドは7feet位が使い易そう。
グラスロッドで乗せ調子だが高所からの抜き上げもできるバットがしっかりしたロッドが条件。
前回使ったFenwickのグラスだとやや弱いので最近使っているのはダイコ-のFC-60MLGC。6feetで短く感じるがグラス素材で乗せ調子、キャストもし易く60cmなら抜ける。

明るさが残る時間帯にやってみて判った事だが、ナマズはルアーが落下する音に反応して浮上してくる。
驚くほど早く浮上して、ルアーに鼻先を付けてくる。
しばらく追尾して食うか止めるか決めてる様子だ。
バイトしないときも数回は浮上して追尾するので見える時間帯の釣りも楽しい。
ジッターバグをポコポコと泳がせてる時のバイト数より落下直後の“ポチャパク”の方が多く、フッキング率も良い。
ナマズを浮かせるドボンという派手なルアーの着水音がこの釣りの肝のようだ。

今日も雨の合間に増水気味の川に寄った。
c0163207_97556.jpg

c0163207_91215100.jpg

まだ明るい6時過ぎに流芯脇から出た40cm。アッパーカットでフッキング。

c0163207_9125755.jpg

取水用のダム上の溜まりで、お腹が風船な60cm。
c0163207_9135384.jpg

いまのところ、この川の最大クラス。

下戸のもっちの寄り道は川。
[PR]

by moch3636 | 2011-05-13 22:00 | ただのフィッシング
4月15日 ナマズ釣り ~゜・_・゜~
今週は帰宅すると、こつこつとルアーチューニング。
c0163207_1222483.jpg

なぜかというと、もう一年以上前からずうっっとBanzyせんせいにお願いし続けてきた“Banzy鯰塾”が実現することになったのだ。
白い粉吹いていた30年以上熟成したジッターバグを掘り出してフック交換、funさんで買ったヒートンを少し拡げてケミホタル装着用に頭にねじ込む。
帰宅コースに移転してきたばかりのプロショップオオツカ川越水上公園店さんでいろいろ教えてもらいながらフックやフラホッパーのスカートやら仕込んで準備万端。
待ち合わせ場所に着くとなにやら不良グループが円陣組んで悪巧み中。
よく見ればunokenさんではないか、沙魚ちゃんのマスクが勘違いさせるに十分の見た目。
c0163207_292878.jpg

やっぱり見直してみてもかなり怪しいな。
どこで聞きつけたか、くららさんとunokenさんも参加。Banzyせんせい独り占め作戦は脆くも崩れ去る。
見た目は不良グループだがやっていることはタックルの準備、ごく健全。
早速釣り開始、街中を流れるどこにでもある浅い川。
Banzyせんせいの教えは的確かつ簡潔。非常にわかりやすい。
流れがかなり速いので上流に投げるとジッターバグのポコポコ音を出すにはかなり早く巻かないとならない。
そこでナマズが居そうな場所の少し上流からダウンクロスに投げてみる。
ケミホタルの明かりが左右にリズミカルに揺れる。それに合わせてポコポコポコポコ。
ジュボュ、チュボッ、と二回目でヒット!!
c0163207_2225375.jpg

いきなりナイスサイズ。
グラスのベナベナのロッドで抜きあげるのに苦労したがなんとかキャッチ。
オオツカのフクダさんにフッキングに有利と聞いていたジョイントタイプのジッターバグ。
高校生の頃に雷魚に後ろ半分を取られて悔しい思いをしたが、ナマズなら取られはしないだろう。

小移動後に小さいヤツを追加。
c0163207_2334888.jpg

針だけ咥えてそっと潜った感じのバイト。
スゥゥーッっと光が沈んで行った。ケミホタルが無かったら食ったのが判らなかっただろう。
キャッチは2匹だけだったがバイトは数倍、近くで反転という事も多い感じだった。
せんせいの話では活性いまいちとの事だったがもっち大満足。
2時間もやってないけど“Banzy鯰塾”楽しめた。
c0163207_2404349.jpg

次回は“ステラ鯰塾”をお願いしようと画策中。
c0163207_246392.jpg

ほとんど釣りしないで教えてくれたBanzyさんありがとう、おつかれさまでした。
[PR]

by moch3636 | 2011-04-16 02:47 | ただのフィッシング