カヤックフィッシングとはカヤックのみならずカヤックからのフィッシングまでも楽しんでしまおうという欲張りな遊び、内房メインに浮いてます。
by moch3636
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク

フライフィッシンググッズ
リトルプレゼンツ

ミッドフリースジャケット&パンツ新発売

リトルオーシャン、カヤックアングラーが作ったカヤックフィッシング用PFD新発売

カヤックフィッシングの草分
ナカムラ軍曹殿のBlog


くらげ商店 日本初カヤックフィッシング専門ショップ ナカムラ軍曹殿独自の品揃えは必見

カヤックフィッシングで釣れるのかーっ!っていつも軍曹より釣ってるワイズさんのブログ

試乗会開催中!動画の解説は必見です。更新ブログの一覧は大変便利、カヤックフィッシングをやってみたいという皆さんを応援するサイト

カヤックフィッシングといえば
TEAM N.W


漕ぐ釣る食う J-yamadaさん

Double×Cross
ダブルクロス くららさん


H.Tagyo's blog/BURNS ltd.

シットオントップで水遊び
medakaさんのブログ


広く浅く…
bluegrassさんのブログ


水平線の歩き方
まぶさんのブログ


カヤックフィッシング関連グッズが充実,木更津のFun
釣りの行き帰りに寄って情報収集しよう


kayak55スタッフ、チャン松さんのブログ

TeamBanzy!! チームのメンバーで更新

エキスパート揃いの疑似餌釣遊倶楽部

鬼パドルRideing! ライド乗りの”のっちさん”のブログ

TeamK・E 使えるgoodsの紹介が秀逸!財布の紐縛ってからクリック

カヤックフィッシング以外でも機械も電子も工作技術がプロレベルのマメぞーさん

安全、艤装の参考に、先輩カヤッカーYATAさんのHP
Shallowwater,TeamFIT TOKYO


石垣島のアウトリーフに漕ぎ出してのジギング開拓、豪快かつ緻密なshuさんのブログ

ターポンウルトラライトでカヤックフィッシングされているMikoliさんのブログ

瀬戸内ルアー&カヤックフィッシング、isoさんのブログ

一人中年漂流記、いつも一緒に浮いてるメアさんのブログ

陽気にカヤックフィッシング
コロニャーさん


魔神風車固め unokenさん

修行日誌、TKSさんのブログ

玉砕工房、玉砕せんせいのブログ

忙中閑だらけ、イカマスターのブログ

新!狭い視野広い意見!
みんぱぱさんのブログ


チーム木曜会
チャンプの後輩さんのブログ


ターポンでGO!
けーふぁくさんのブログ


KF探検隊
のぶぞうさんのブログ


一人じゃ怖い、Kayak Fishing
誠さん


みんなで作るカヤックフィッシングwiki sirosixさん
出艇場所公開について
もっちにメール
最新のコメント
カヤック禁止だから、もう
by るい at 17:10
正しいビームのためのヒン..
by グッチ ベルト at 08:33
合計18K古い時計のダイ..
by 時計 通販 at 08:47
ウォッチングは楽しい運動..
by Coangerge at 00:14
>コロニャーさん ありが..
by moch3636 at 17:13
のんびり治療に専念してく..
by コロニャー at 19:25
>GT200さん GT2..
by moch3636 at 17:19
>コロニャーさん キンメ..
by moch3636 at 17:18
お話する機会が無くて残念..
by GT200 at 13:10
でか真鯛おめでとうござい..
by コロニャー at 20:33
最新の記事
お気に入りブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
タグ:カワハギ ( 12 ) タグの人気記事

1月5日 館山湾
初釣りは3日に今シーズン2度目の千葉のリザーバーへワカサギ釣りに。
狭いボートでじっとして釣るので足も攣ったがワカサギも大漁。
c0163207_1739554.jpg

さすがに少し飽きてきたかも…

5日になってやっとカヤックで浮ける天気になった。
皆も同じ思いで待っていたのだろう、大勢が集まった。
c0163207_17425595.jpg

朝は風強めなのでのんびり準備して艤装談義などでまったり。
中でも注目はスクラッチさんの艇。
c0163207_17464890.jpg

最新の左右が見える魚探を装備したホビーカヤック。
この艇でワカサギ釣りしてみたいなぁ。
c0163207_17535852.jpg

冷たい水温を少し上げようと暖かい水を注入してはみたものの効果は無く…13度位。
少し風が弱まったので10時頃出艇。
メアさんとsirosixさんとカワハギ探してあちこち探すが、外道のあたりさえ無し。
アサリが三つ齧られることもなく帰ってくる。
かなりの苦戦中、メアさんが少し魚の反応がある場所を発見。
そこで粘るとポツリポツリと本命が掛かる。
c0163207_1822025.jpg

それにしても潮が動かない。前回ここでカワハギ狙った時には30号の錘でも道糸が45度に流されてしまったのに今日は20号でも真下に落ちてしまう。
がんばって続けるとナイスサイズも来るのだが続かない。
c0163207_1855748.jpg

餌は取られるのが救いだが、取っているのはこいつらがほとんどのようだ。
c0163207_187018.jpg

sirosixさんはホビーでちょい漕ぎしながらカワハギ狙い。
c0163207_1874874.jpg

24cmのナイスサイズをキャッチ。
c0163207_18114713.jpg

お刺身だぁ~と大喜び。
正午を過ぎても結構な風。
餌をつける手が痺れて来る。
c0163207_1895225.jpg

隣ではメアさんもがんばっているのでもっちもがんばってはいるのだが…
良い引きがきたと思えば外道のウマズラ。
角の根元の黄色がワンポイント!
c0163207_18143421.jpg

海は穏やかになって、いつ見ても素晴らしい洋上から見る日没。
c0163207_1822115.jpg

帰着すると皆苦戦のようだったが、nomchuさんだけが鯛3枚と竿頭。
今度教えてください。

お持ち帰りはこれだけ。
c0163207_1826763.jpg

[PR]

by moch3636 | 2013-01-05 20:00 | カヤックフィッシング
10月21日 館山湾
朝のうちは強風予報だったのでゆっくり準備して、ブチさんと田吾作さんと10時頃の出艇
c0163207_16395714.jpg

今回からニューウェア。
c0163207_16435470.jpg

リトルオーシャンのパドリングジャケットとパドリングパンツ。
ドライスーツ程の防水性能が必要の無い時期、セパレートのウエアはジャケットだけ脱ぎ着出来て使い易い。
先週着たウエットスーツも動きやすくて良いが、パンツ脱いでの着替えが少々面倒。
恥ずかしい年齢は過ぎてしまっているが、逮捕されかねないのがネック!

ジャケットは首と袖口はラテックスではなくクロロプレーンなので完全ドライでは無い。
胸のチャックは防水チャックなので標準で付いているフードを被ってしまえば雨の中でも快適に釣りができるだろう。キャップのツバがひっかけられるフードなので視界は確保し易い。
ウェストはダブルになっていて下からパンツ、ジャケット、パンツ、ジャケットと重ねて着るようになる。
身長185cm体重100kgのもっちはXXL。
ドライスーツよりお腹廻りにゆとりがあり楽。

パンツはウェーダーと同様のクロロプレンソックスが特徴、ソックスの厚さがあるのでそれに合わせたシューズを選びたい。

ドライスーツの透湿素材のソックスより耐久性はずっと上。

保温性が高いので足先の冷えにお悩みの諸兄にはお勧め。

おしっこチャックのフタの両端は縫いつけてなくベルクロではがれるようにしてあるので最後まで締め易い。

フィッシングカヤックでの着座姿勢に合わせて採用した、思い切った立体裁断,縫製の3D形状パンツなので釣りしていて引きつれたり、余ったりするところがなく着易い。

水温の暖かい秋から初冬はセパレート、水温の低い冬からGW頃まではドライスーツが良いだろう。
でもこの快適さは癖になりそう、ドライスーツの出番が減ってしまう予感。

PFDを着ると
c0163207_1733727.jpg


PFDもマイナーチェンジ、ポケット内に小ポケットが付いて小物が入れやすくなった。
浮力体を改良してより着易くしたとのこと。
オレンジが鮮やかになったのと新カラーのブラックを追加。

詳しくはリトルオーシャンのHPで…ってまだ準備中ですネ。
更新よろしく>pescador
もう発売開始のはずですので注文はお早めに。

書き忘れましたがパンツはソックスのサイズ分けが細かくてS,M,L,XL,XXLと5サイズになってます。
ソックスサイズはウェーダーと同じですので“ここ”を参照してください。
詳細が知りたい方、此処の写真撮ってとかの希望がありましたら対応しますのでコメント欄に書いてください。

では釣りに戻ります…

鯛カブラでマダイを釣りたくて沖に漕いでいくと水深30m程の根にベイト反応、
ベイトの周囲にはポツポツと大型魚の反応もある。
一投目に来たのはオオモンハタの子供。
c0163207_17595156.jpg

大きくなってとリリース。
その後は何も釣れずに苦戦。
沖の段差を過ぎると一気に水深が深くなる。
100mの底で乗ったのはマトウダイ

c0163207_1832424.jpg

メダイ、アマダイ、マトウダイ、と順調に“マダイ”に近づいてる?
カブラへのヒットはこの一匹だけ。
c0163207_187085.jpg

田吾作さんも苦戦中。
13時まで頑張ったがこれが限界、カワハギ狙いに切り替える。
カワハギもまた大苦戦。
c0163207_18101850.jpg

イトタマガシラ、トラギス、キタマクラ、に悩まされる。
トラギスは底を離せればなんとかかわせるのだがキタマクラは始末が悪い。
かなり上まで付いてくるし釣り分けが難しいというか無理。
停めた場所が良くなかったようだ、ワッペンサイズが大変多い。
c0163207_18141286.jpg

たまに掛かる良型カワハギが居るので粘ってみるが…
突然来た強い引きはウマヅラ君
c0163207_18154416.jpg

あれっカワハギの写真が無い、カワハギはやっとのツ抜けで12匹。
日が傾いてきて田吾作さんが伝家の宝刀パドリスト、ティップランモデル PSQ- TR72M
でイカ釣りを始めるとあっという間の4連発、しかも800g程の良型だという。
あわててアンカーを引揚げると素晴らしい夕日。
c0163207_18193723.jpg

もっちのTR72Mにも無事入魂完了
c0163207_18203842.jpg

田吾作さんの800gくれるっていうのでコロッケ君はラッキーにも海に帰れた。
[PR]

by moch3636 | 2012-10-21 00:00 | カヤックフィッシング
10月14日 館山湾
いつもご一緒いただいている田吾作こと秋山氏が今晩23時30分より、BS日テレの「夢釣行」という番組に出演します。
夢釣行の公式サイト → http://www.bs4.jp/yumetyoko/
カヤックフィッシングの楽しさが伝わる内容に仕上がっているとのこと。是非御覧ください。



天気予報では風が強い、しかも雨も少し降る感じ。
とりあえず現場で判断しようと出かけてみる。
9時半出艇。この辺りはベタベタ。
c0163207_17593790.jpg

新発売のパドリスト、ティップランモデル PSQ- TR72M が主砲の位置に鎮座。
カワハギポイントに漕ぐ途中ちょっとイカやってみようという魂胆。
いきなり一投目にイカヒット!
グイングインと久しぶりのイカの引き。
幸先良しとリール巻いていたらバラシ。
周辺で数投するもその後はアタリ無し。
漕ぎ進むとお久しぶりのbluegrassさん。
c0163207_1853094.jpg

イカ狙いとのことだかまだ一杯と渋めらしい。bluegrassさんのイカ釣り技術は折り紙付きなので、イカ狙うなら腰据えてやらないといけなそうだ。
竿の入魂は次回にしよう。
c0163207_1873536.jpg

カワハギポイント探しながら漕いで行くとfunさん。
いきなり合わせてイカヒット!
このあと連発モードに突入したようです。
帰るfunさんからアオリ3杯いただきました。ごちそうさま。
この時かなりイカに後ろ髪引かれたのだがカワハギ狙いにシフト。
メアさんnomchuさんも近所でカワハギ釣りをしているので、いかにもよさそうな駆け上がりに海草が生えた場所にアンカリングする。
開始直後は潮動かずアタリも散発。
お昼近くなると西への潮流が出てくる。
トラギスの活性アップ。
c0163207_18114340.jpg

着底後すぐに底を切らないとあっという間にこの状態。
急いで底から離すのだがかなりな確立でトラギスにやられる。
ラインにマーカー付けて上から攻めないといけないだろう。
ラインに付ける目印に良い物探そう。
トラギスの猛攻をかわして上から誘い下げるとカワハギが掛かる。
c0163207_18151381.jpg

流れが速くなってきてカワハギの食いが良くなってきた。
c0163207_18161640.jpg

錘は最初15号から始めたのだが20号、25号と変更。
c0163207_18172612.jpg

強い引きはウマヅラ。
25号でも45度位に流されてくる。
もうラインが流されてたるんでいるのだろう、アタリが出ない。
カワハギの食いは立っているので空あわせで釣れる。
待ってしまうとあっという間にツルテン。
c0163207_18195735.jpg

このサイズもたくさんいるようだ。

カメラ側で釣りすると艇の下にラインが流される、北西風、北西への潮流、西からのウネリ。横から波を受けて釣り難い。
艇の向きは風と潮の中間で北向き。西からの波が艇のデッキを洗い始めた。
時折襲来する大きなウネリでアサリ流失…
心折れかけたが、思いなおしてマルキューアサリの封を切った。
この後10枚は追加できたので元は取ったかな。
今日の竿は極鋭ゲーム180テクというカワハギ専用竿ではなく、カワハギには少し柔らかめの竿。
胴がしなって掛けてから楽しくバラシ難い竿だが今日の潮流には役不足だった。
25m程の水深の場所だが、30号でも足りないだろう。
水深10mでゆるい潮なら10号錘に湾フグ竿が楽しいがこんな状況もあるので釣りは難しい。
ウェアはロングジョンで足や腰廻りは寒さは感じないが肩が冷えてきた。
沖から鯛狙いの二人が帰還。
c0163207_1920612.jpg

pescadorは夏の格好、さすがに寒いと言ってる。
田吾作さんは2枚の大鯛ばらして熱くなっているようだ。
風もさらに強くなりフラッグがちぎれて飛んでいった。
c0163207_1839355.jpg

nomchuさんメアさんも撤収。
帰りましょう
c0163207_18435824.jpg

真っ直ぐ帰るのかと思えば、体力余った二人はイカ釣りを始めた。
もっちは撤収。

今日の釣果
c0163207_18452615.jpg

リリース分足すと25枚(ウマヅラ込)。
最大26cm デカハギダービーエントリーできず。

最後までお付き合いくださった貴方に耳寄り情報。
冷えた体を暖めてくれる美味しい麵屋さんのご紹介。
c0163207_19522359.jpg

“麵や、すみよし” ドカ盛で有名な住吉飯店の系列店だそうです。
c0163207_19553380.jpg

c0163207_1956156.jpg

3人で何食べようか迷っていると親切な店員さんが料理について教えてくれました。
結局頼んだのは あんかけヤキソバ とんこつラーメン チャンポン
どれも美味しく量もたっぷり。カヤック漕いで消費したカロリー以上の摂取でした。
http://sumiyoshihanten.blog94.fc2.com/blog-entry-98.html
場所は住吉飯店から少し南下したところヤックスとパチンコ屋さんの向かい。
[PR]

by moch3636 | 2012-10-14 23:00 | カヤックフィッシング
10月6日 館山湾
週末の荒天のサイクルが続いていたがやっと脱却。
3連休の今週末だが、浮けそうなのは土曜日だけ。
c0163207_2158588.jpg

pescadorはリール新調して鯛カブラやる気満々。
9時半出艇ののんびりペース。
風も無くベタ凪。
c0163207_22284335.jpg

対岸が霞んでいる。
カワハギ釣りがメインの予定だが、青物でも居ないかと水深40mまで漕ぐ。
ベイトの群れがいたのでジグ投下。
c0163207_221447.jpg

一投目からヒットする。
ソーダガツオでした。
無反応な場所でジグのフォールに反応したのはオニカサゴ

c0163207_2224278.jpg

美味しい魚だけど毒魚注意!こんな写真は駄目です。
青物は気配無し。
空には大型ヘリの編隊が通る。
c0163207_2253082.jpg

20m前後の水深でカワハギ釣り開始。
潮が動かず苦戦、ポツポツとやっと3匹。
c0163207_2264190.jpg

外房のウネリにやられたやすさんが転戦してきた。
うねりの中アカハタやマダイをキャッチとのこと。
この頃雲行き怪しくなって雨が降り出す。
風も南になりときおり強くなってくる。
お昼すぎると潮が動き出す。
カワハギの活性あがって一時入れ食い。
活性低い時間帯は集奇付けて潮に流してみたりしたが、活性が高い時には上から攻める宙釣りが効果的。
錘を浮かせているときの方が餌に触れるついばみアタリが判りやすい。
今日の竿は極鋭ゲーム180テクという竿。
湾フグ竿より腰が強く大変使い易い。
錘15号、20号での宙釣りが良い感じ。
小さいサイズの群れが来るとかなり苦戦。
c0163207_22374193.jpg

ツルテン(餌、全部盗られ)の連発食らって熱くなる。
針を落とそうかとも考えたが今日はデカハギ狙い。
パワーフック5.5号で通す。
潮が緩んでジアイ終了。
雨も去って行って視界もクリアに。
c0163207_2231111.jpg

沖からpescadorが早仕舞いして帰還。
いつも先に上がろうとするときには獲物に満足した時。
やっぱり…
c0163207_2223548.jpg

70cm5キロのマダイ
近くで見ると凄い迫力
c0163207_22324811.jpg

一発屋の本領発揮、粘りと根性の賜物。
ジギングのエキスパート、やすさんもワラサキャッチ!
c0163207_22254774.jpg

空には虹。
c0163207_22342369.jpg

カワハギは30匹、リリースサイズ10匹位と型揃い。
c0163207_22481733.jpg

結局最大26cm
シマノのデカハギダービー用ステッカーで計測したのは鬼カサゴ。
c0163207_22473343.jpg

次回もデカハギ狙いか
[PR]

by moch3636 | 2012-10-06 22:00 | カヤックフィッシング
5月13日館山湾
ブログの放置ももうすぐ2ヶ月になる。
久しぶりに浮いてきた。
長く浮いてないので忘れ物には気をつけたつもりだったのだが…
カワハギ狙いなのにアンカー忘れ。
イカもそろそろ本格シーズン。とりあえずイカ狙いで。
c0163207_21111427.jpg

朝は強風予報だったのでゆっくり準備して風が弱まるのを待つ。
この時間もカヤックフィッシングのうち。
出艇待ちしているのは、nomchuさん、ロブさん、田吾作さん、ブチさん、pescador
皆の艤装を見てあーでもないこーでもないと楽しい時間。
風が落ちてきたのは10時を過ぎた頃。
c0163207_21141471.jpg

カワハギ釣り用に魚探を近くにしてみた。
水温は19度前後、緑に濁った潮色。
水深10m無い場所でパラシュートアンカーを後ろに流してエギをキャスティングしてみる。
c0163207_2127075.jpg

海は穏やかだけど…イカの気配はまったく無し。
1時間くらいエギをしゃくっただろうか、イカからカワハギに切り替える。
流しながらのカワハギ狙い、風は微風だが西に流れる潮流が結構速い。
繊細な釣りはあきらめて重めの20号を底に置いて勝負早いゼロテンションの釣り。
正午前に一匹目。
c0163207_2263427.jpg

26cmの良型。
その後は沈黙の時間が長く続く。
トラギス、キタマクラ、タマガシラが遊んでくれるので結構楽しい。
よくみるとキタマクラもなかなか綺麗。
c0163207_22164662.jpg

c0163207_22175612.jpg

タマガシラの背びれが指に刺さってイテッ!
カワハギは結局4匹で終了。
c0163207_22172742.jpg

まぁリハビリなのでこんなものでしょう。
c0163207_22302186.jpg

皆と一緒に帰途に。
着岸すると先に帰っていたpescadorの手には、ビーチコーミングをしていた方からいただいたというイルカの耳骨の化石。
c0163207_22364883.jpg

よくペンダントにされている岩骨の反対側にあるという鼓骨のようだ。
かなり貴重な物。
次回の風まちの時に探してみよう。
c0163207_22532983.jpg

田吾作さんは残業に再出撃。
オヤジ連中はうどん食べて終了。
c0163207_22411059.jpg

やっぱり海はいい。
[PR]

by moch3636 | 2012-05-13 23:00 | カヤックフィッシング
1月9日 館山湾
正月休みが終わったばかりの3連休、土曜は出勤、日曜は強風だったのでくらげ商店でお買い物。

買ってきたのはスコッティー製のGoProの台、GoProの浸透ぶりはそうとうな物のようだ。スコッティーはカヤックアングラーなら誰でも使っているだろう。設置の自由度が増すので新しいアングルを考えよう。

もうひとつは、くらげネット剛 無骨な程頑丈に出来たネット。ずっと欲しくて居たのだがいつも売り切れで買えなかった物。店の奥にネットのパーツがたくさんあるのを発見、聞いてみれば足りない物は無いとのこと。
軍曹忙しくて組み立てる事ができないらしい、ならば自分で組もうとパーツで購入、少し負けてくれたのでラッキー。

というわけでやっと浮ける成人の日な月曜日。
c0163207_12494429.jpg

欲張ってジギング、エギング、ハギングタックルを装備。
c0163207_12453975.jpg

今日のメンバーは少し先に出た田吾作さんとsirosixさんとpescador。
ごとうさんとやすさんも先に浮いている。
9時半に漕ぎ出すと驚くほどの澄んだ潮。
いつものように田吾作さんはアオリを連発で揚げている。
遅れてはなるまいとエギングから開始。
意気込んでシャクリ始めるが一向にアタリが無い…

pescadorはデカモンゴウをサイトでエギに乗せたらしい。
水面までエギを追ってきたイカを発見、抱かせたらしいが。取り込み後に艇上で格闘中。
c0163207_12525111.jpg

袖を激しく被弾していた。

モンゴウでもまったくOKなんだけどなぁ~  “釣れてケロ~” と叫んでもまったくアタリ無し…

沖からやすさんが帰還。
クーラーにはなんと
c0163207_1256342.jpg

巨大なイラ
c0163207_12563379.jpg

ナイスサイズなオニカサゴまで
うーん凄い。
ボウズなもっちは焦る…がごとうさんはエソのみと少し安心。
傷心のごとうさんと満面の笑みのやすさんは早めのご帰還。
c0163207_12584085.jpg


集中力が切れてきてシャクリがいい加減になってきた11時頃、

c0163207_1315044.jpg

400g位か、アオリイカをゲット。エギはスクィッドシーカーMH 派手なオレンジ系カラー
渋~~いイカ釣りはこれで終了してカワハギ狙いに切り替える。
水深20m付近に良い根を発見してアンカーで停める。
最初は餌もあまり取られない。外道のベラやトラギスも釣れない。

カワハギも駄目?

我慢して大きく誘って周囲へアピールを続けるとポツポツと釣れ始める。
c0163207_1383960.jpg


ワッペンが邪魔しないので掛かると皆大きい。
c0163207_13104753.jpg

1時~2時にかけては北風とウネリが強くなって釣り難い。
c0163207_13114476.jpg

c0163207_1312342.jpg

一時良型の入れ食い。
今日は外道が少ないので、錘を海底に置いた釣りが良い感じ。
ベラは最後まで一匹も釣れなかった。
日によってパターンが変わるのが難しいカワハギ釣り。

餌が終わってティップラン再開。
pescadorの釣果を聞いてみたら、やすさんと同じ高級魚オニカサゴ。
c0163207_1317789.jpg

モンゴウイカのゲソをブラクリ仕掛けに付けて釣ったらしい…
アサリでカワハギよりも超高効率な釣りだな。

要注意
(オニカサゴの背鰭には猛毒の棘があります。死んだオニカサゴを足の上に落としたひとが5日間寝込んだ話があるほどの激痛らしいです。)


イカの追加は出来ぬままに夕日が綺麗な時刻になった。

c0163207_13235783.jpg

ティップランマスターの田吾作さんは渋渋の中、イカを積み重ねてツ抜け目前。
c0163207_1322472.jpg

もっちが帰ろうかと漕ぎ出すと田吾作さんにラストのイカがヒット!
超巨大なスミイカ(NOTモンゴウ)も混じって流石の釣果の田吾作さん。
ジップロック(大)に一杯のイカはもっちとpescadorで山分けに、ご馳走様でした。
c0163207_13205645.jpg

この時刻までやると夕日は綺麗なんだけど、日が落ちてからの撤収作業は手がかじかんで寒い。

もっちの釣果
c0163207_13275531.jpg

カワハギは25cmまでだが良型が揃った。

友理の本場チャンポンで暖まって終了。
c0163207_13294826.jpg

[PR]

by moch3636 | 2012-01-09 23:00 | カヤックフィッシング
1月3日 館山湾
あけましておめでとうございます。今年もいままでと同じくゆる~くやっていきますのでよろしくお願いします。

初釣りはイカとカワハギ狙いでpescadorと館山湾へ。
寝ぼけたまま出発したので、釣竿を積み忘れてpescadorの家まで来てしまった。
釣り師の竿は、侍の刀と同じ。まったく何をしにきたんだか…
そういえば昨年の夏にも竿を忘れてきて田吾作さんに助けてもらったんだっけ。
なんとかpescadorに釣り竿2本貸してもらって釣りに行けることになった。

7時頃に出艇場所に着くとけっこうなウネリと風波でバシャバシャ状態。
予報では午後には風は弱くなるので外房視察へ。
c0163207_10493871.jpg

北風なので風裏のここは穏やか。
磯には釣り人が大勢乗っている。
南からウネリが寄せてくるので時折激しい飛沫が飛ぶ。
頭からしぶきを浴びながらも釣り続けている。
メジナ狙いなんだろうか、冬はハイシーズンのようだが辛い釣りの様子。
外房のポイント見て回るがウネリで厳しそうなので、館山湾に戻る。
風裏側はまったく穏やか、少し出れば吹いてるだろうけど此処から出艇。
出たのは10時半
c0163207_1154879.jpg

案の定漕ぎ出してみれば北風が結構強く南へと流される。
水深8mから始めると2投目でアオリをキャッチ。
c0163207_1192055.jpg

今日はもしかて“爆”?
そうはうまくいくわけもなくその後は15mで一杯追加したのみで12時
c0163207_11132060.jpg

正午を過ぎたのでカワハギ狙いに切り替えてアンカーで停めた。
岬の先端ラインを超えて出るとかなりの波。
少し穏やかな場所にアンカーを入れたのだが、それでもバウを超えて艇上が波で洗われる。
とてもカワハギ釣りがじっくりできる状況では無い…。
ロデオ状態の艇上で餌付けして仕掛けを降ろすとすぐにアタリ。
いつものようにたくさんのゲスト達。
c0163207_11191763.jpg

今日のゲストはこればかり。すぐにシマダイでツ抜け。
きっと海底はこれで埋め尽くされているのだろう、しばらく待ってみる。
次にきたのはチャリコ
c0163207_1122392.jpg

これもしばらくこればかり…
カワハギがやっと釣れたがこのサイズばかり。
c0163207_1123174.jpg

c0163207_11232028.jpg

c0163207_11233116.jpg

こいつら釣るなら針のサイズを落とせばいいのだろうけどパワーフックの5.5号で大物狙い。
今日イチの強い引きが来た。
c0163207_11244021.jpg

ウマズラ…前回からこいつばかりなんですが…
funさんが合流、鯛ラバ縛りで深場狙い。
その後は小カサゴやネンブツダイの猛攻のみ。
停めて餌釣りしてるとかなり寒いので3時前にカワハギ終了。
3時過ぎると凪に、イカやりながら帰途に。
pescadorはアオリ1パイ、スミイカ2ハイとタコをキャッチ。
c0163207_11373613.jpg

餌釣りで冷え切ったもっちはドライスーツのフードを被ってイカ釣り。
フードを被るとほんとに暖かい。イカは追加できなかったが一時間釣り延長できた。
それでも日が傾いてくると寒いので撤収。
c0163207_1142249.jpg


帰着後にkayak55のイカフォトコンテストの応募写真を撮影。
今日の目標は一応達成。
400g位? う~ん 更新したいなぁ~
[PR]

by moch3636 | 2012-01-03 22:00 | カヤックフィッシング
11月12日 13日 館山湾
まずはお詫びから、13日の予定が先約だったので富津のビーチクリーンに参加できなくてごめんなさい。
お掃除してくれた皆様ありがとうございました。

12日の午前中は前日からの強風が残る予報だったので、午後から浮いてのんびり宿泊して、翌日のカワハギ釣りに備えようという計画。
c0163207_10383053.jpg

クーラーボックス、ランディングネット、ボガグリップ無し、やる気あんのかっていう装備。
翌日はカワハギ釣りなのでエギとジグだけ持って出る。
あまりにゆっくり準備していたら出艇時刻が2時近くなってしまった。
少し先に出た田吾作さんは既にアオリイイカのキロアップを確保しているようだ。
浅場でエギングから始める。
沖の田吾作さんと合流したpescadorがイカ餌のブラクリ仕掛けでショゴをキャッチ!
イカがヒラヒラとルアーになったのだろうか、いずれにしてもショゴが回遊している様子。
もっちもエギを回収し急行。
もっちと田吾作さんがジギング開始したとたんに祭りが始まった。
c0163207_10463274.jpg

一方pescadorはブラクリでカサゴ釣りを続けている。
c0163207_1048580.jpg

ショゴの祭りは終わり無し、中層でジグが落ちていかなくなる。
c0163207_1049693.jpg

45センチまでだがさすがにカンパチの子供、グラスのライトジギングロッドが根元からひん曲がる。
c0163207_10594988.jpg

Thanks Photo by 田吾作

ジグは昨日買ったばかりのメタルフォーカス40g
c0163207_10511814.jpg

青物の爆なんてほんとに久しぶり。テンション最高潮。
それまでとは違う重い引きがきた。
c0163207_10531719.jpg

どんな大物かと期待してみればイナダとショゴの一荷
c0163207_10535775.jpg

田吾作さんにも一荷。
c0163207_1055161.jpg

艇の上がすぐにいっぱい。
c0163207_10554836.jpg

40gが切られちゃってもピンクの60gで爆
夢中になって釣っていたので夕焼け写真撮り忘れて日が落ちてしまった。
c0163207_10571713.jpg

まだまだ釣れ続くのだが撤収。
c0163207_111181.jpg

短時間の釣りだったが濃い時間だった。
c0163207_10582969.jpg

pescador横綱持ち。イカは田吾作さんが釣っ… まいっか。
c0163207_1114914.jpg

予約もせずにいきなり押しかけた宿では、素泊まりでのお願いにもかかわらず捌いていただいて刺身満喫。
c0163207_1132065.jpg

ジギングファイトの夢見ながら熟睡。

13日はカワハギ釣りの取材とのことでBCの日にもかかわらずpescadorのお願いで田吾作さん、banzyさん、エビさん、メアさんが集まってくれた。こがさんもフォローで参加。
c0163207_11172047.jpg

沖に出て開始早々カワハギ釣り初めてなbanzyさんが連発。
いつものbanzyさんの釣りっぷりは知ってるのでそんな感じはしてたけど…(^_^;)
もっちにもポツポツと掛かり始め
c0163207_1122274.jpg

メアさんエビさんはカワハギ釣りは得意種目。
田吾作さんbanzyさんはルアーの超エキスパートなのですぐに馴染んで爆釣。
なんなんだ!この人たち(~_~)
もっちは餌をツルテンにされまくって泣きっ面。
それでも大物狙いのパワーフックは変えないで頑張ってみると…

その後の展開は来春発売の誌面でご確認お願いします。

取材がOKになった後も少しカワハギ釣りを続けていたのだがなんとなくソワソワする皆。
昨日の祭りの話はしたので当然か…

青物狙いの第二ラウンド開始。
一目散に沖の潮目を目指してジグ投入。
一番乗りの田吾作さんにヒットするが後が続かない。
c0163207_11283734.jpg

広く探しているとらしき反応があってもっちににもヒット
c0163207_11291584.jpg

これだけで終わり。
のんびりした海。
エビさんの艇はYATAさんから受け継がれてきたドリフター。まだまだ現役。
c0163207_11301175.jpg

メアさんは良い反応見つけてはぽつぽつ拾ってショゴ、ホウボウ、とゲットしているようだ。
c0163207_1132180.jpg

もっちの追加はエソ2匹のみ
c0163207_11332738.jpg

c0163207_11334249.jpg

今日は夕焼け写真を撮る余裕十分。
c0163207_1132539.jpg

充実の2日間だった。
参加していただいた皆さんありがとうございました。

3D動画


[PR]

by moch3636 | 2011-11-13 22:00 | カヤックフィッシング
11月5日 館山湾 カワハギ釣り
前回からドライスーツを着始めたが、まだ晴れてると暑い。

前回のフグ釣りは曇り&強風の中、アンカーで停めた釣りだったので体が冷えて結構寒かった。

首のガスケットを切ってなかったのでばっさり切った。
c0163207_01682.jpg

はさみでジョキジョキやったら一度縦に裂けたので、CDのスピンドルケースを入れてカッターで慎重に切った。

今日は館山湾でカワハギ釣り。
c0163207_041691.jpg

フグは捌いて食べるにはまだ勉強不足なので安心して食べることができるカワハギ狙い。
7時半出艇。
c0163207_055573.jpg

左のロッドが東京湾のカットウフグ用の竿、10号負荷。
右がカワハギロッド25号負荷。
楽をして軽い錘でやってみようとフグ竿で始める。
8号オモリで10m程の水深、潮が流れない時間帯なら余裕。
アタリも明確に出て掛かった後が楽しいしバレ難い。
開始直後はチャリコの猛攻。
c0163207_0103636.jpg

お決まりの外道の数々が釣れてくる。
c0163207_0111319.jpg

初めて釣った綺麗な魚。魚種不明。

追記調べた所多分ヨスジフエダイ

キタマクラ、トラギス、ベラは画像なしだが多数。
オモリを底から3mも上げて誘わないと招かざるゲストばかり。
c0163207_0142488.jpg

カワハギはフグ竿を絞り込む25センチ級が多い。
フグ竿が楽しくてカワハギ竿は出番無しかなと思っていたら、9時過ぎから潮が急に流れ出してきた。
水深18mでカワハギ竿に20号付けて少し斜めに落ちていく感じ。
潮がガンガン流れている間は食いが良い、ずっと釣れ続く。
c0163207_017546.jpg

最大27センチまでだったが良型が揃ってクーラー満タン。
青イソメも持って行ったがアサリと食いは変わらない。
スーパーの半額アサリを使ってるので青イソメが安い訳でもないので必要性はないようだ。
不明魚種がまたきた。
c0163207_0211558.jpg

追記 多分オオグチイシチビキ

午後は南風が強くなってくる予報だったが終始ベタ凪。
1時過ぎると南に変わったが穏やかな海。
久しぶりのカワハギ大漁。
c0163207_0233315.jpg


久しぶりに3D動画、参考になるかどうか…

[PR]

by moch3636 | 2011-11-05 22:00 | カヤックフィッシング
10月9日 館山湾
3:30AM館山に向けて首都高速を走行中、フロントグラスを叩く大粒の雨。大丈夫か?
暗い内に到着してもまだ南東の方角に稲光。
少し白みだして来ると収束してきた様子なので、まだ薄暗い5時半頃から準備にかかる。



youtubeお勧めのBGMを付けたら、チャップリン風になった。

この動画、GoProのインターバル撮影機能で1秒間隔で撮った静止画600枚を1秒に30枚使って動画化したもの。
パンはキッチンタイマーに乗せて回転させている。10分で600枚程度の静止画から20秒の動画だから時間を30倍にした感じ。
c0163207_16252034.jpg


今日はメアさんとカワハギ狙い、潔くカワハギタックル一本にしようかと思ったがエギングタックルも積む。
c0163207_16275187.jpg

12m程の水深で始める。アタリのある時間帯とまったく餌の取られない時間とはっきりしている。
釣れてくるのはワッペンと呼ばれる小さいカワハギが多い。
c0163207_16305188.jpg

針をワッペンに合わせたスピード7号にしていたら突然来る大物カワハギのカンカンカンという強い引きに針が伸ばされる。カワハギは意外と引きが強く20センチを超えたカワハギなら細軸の針はいとも簡単に伸ばされる。
フックはハゲ針5号にしたら伸ばされなくなった。

今日はオモリ15号を使用、竿の適正負荷は25号なので誘っているときは棒切れな感じ。
試しに集奇も付けてみたりしたが、途中に何も無いシンプルな仕掛けが好き。
15号錘は軽くて乗り合い遊漁船ではオマツリしてしまって使えない。
乗り合い仕様より一回り繊細な仕掛けがアタリも出しやすいかと思って使ってみた。
竿もフッキングパワーのある範囲内で全体が少し柔らかいと良いだろう。
水深10m前後でのカワハギ釣りは乗り合いではあまりやらない場所、
やっても大きなエンジン掛けっぱなしではプレッシャーが凄くて駄目だろう。
浅場のカワハギ釣りは静かに釣れるカヤックフィッシングならでは。
まだまだカヤックカワハギに適したタックルを模索中。

以前登録済みだった沖の高根に移動してみると中層にウマズラカワハギの群れ。
c0163207_16343367.jpg


ウマズラは底から4mは上げたところで食う。
2m程度上げたところではカワハギが混じる。

しかしアタリは頻繁だかまったく掛かって来ない。
3個のアサリが綺麗に無くなる通称“ツルテン”を何度も食らって頭に血が昇る。
超小さいカワハギのアンテナにハリスが絡んで上がってきた。
最小記録更新。
c0163207_17171130.jpg

こいつらをハゲ針5号に掛けるのは無理だ。
カワハギ釣りはほんとに忙しい。
餌をつける時間と水中に針がある時間が半々なのではないだろうか。
かなり集中していたので昼過ぎで上がったがへとへと。
帰りがかなりの向かい風だったが疲れはそれ以上だった。
帰着すると地元のF氏とヤギのマイケル君のお出迎え。
c0163207_1932242.jpg

F氏にウマズラのお土産を渡して帰途に着いた。
c0163207_17201444.jpg

キャッチ25匹程。
[PR]

by moch3636 | 2011-10-09 22:00 | カヤックフィッシング