カヤックフィッシングとはカヤックのみならずカヤックからのフィッシングまでも楽しんでしまおうという欲張りな遊び、内房メインに浮いてます。
by moch3636
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク

フライフィッシンググッズ
リトルプレゼンツ

ミッドフリースジャケット&パンツ新発売

リトルオーシャン、カヤックアングラーが作ったカヤックフィッシング用PFD新発売

カヤックフィッシングの草分
ナカムラ軍曹殿のBlog


くらげ商店 日本初カヤックフィッシング専門ショップ ナカムラ軍曹殿独自の品揃えは必見

カヤックフィッシングで釣れるのかーっ!っていつも軍曹より釣ってるワイズさんのブログ

試乗会開催中!動画の解説は必見です。更新ブログの一覧は大変便利、カヤックフィッシングをやってみたいという皆さんを応援するサイト

カヤックフィッシングといえば
TEAM N.W


漕ぐ釣る食う J-yamadaさん

Double×Cross
ダブルクロス くららさん


H.Tagyo's blog/BURNS ltd.

シットオントップで水遊び
medakaさんのブログ


広く浅く…
bluegrassさんのブログ


水平線の歩き方
まぶさんのブログ


カヤックフィッシング関連グッズが充実,木更津のFun
釣りの行き帰りに寄って情報収集しよう


kayak55スタッフ、チャン松さんのブログ

TeamBanzy!! チームのメンバーで更新

エキスパート揃いの疑似餌釣遊倶楽部

鬼パドルRideing! ライド乗りの”のっちさん”のブログ

TeamK・E 使えるgoodsの紹介が秀逸!財布の紐縛ってからクリック

カヤックフィッシング以外でも機械も電子も工作技術がプロレベルのマメぞーさん

安全、艤装の参考に、先輩カヤッカーYATAさんのHP
Shallowwater,TeamFIT TOKYO


石垣島のアウトリーフに漕ぎ出してのジギング開拓、豪快かつ緻密なshuさんのブログ

ターポンウルトラライトでカヤックフィッシングされているMikoliさんのブログ

瀬戸内ルアー&カヤックフィッシング、isoさんのブログ

一人中年漂流記、いつも一緒に浮いてるメアさんのブログ

陽気にカヤックフィッシング
コロニャーさん


魔神風車固め unokenさん

修行日誌、TKSさんのブログ

玉砕工房、玉砕せんせいのブログ

忙中閑だらけ、イカマスターのブログ

新!狭い視野広い意見!
みんぱぱさんのブログ


チーム木曜会
チャンプの後輩さんのブログ


ターポンでGO!
けーふぁくさんのブログ


KF探検隊
のぶぞうさんのブログ


一人じゃ怖い、Kayak Fishing
誠さん


みんなで作るカヤックフィッシングwiki sirosixさん
出艇場所公開について
もっちにメール
最新のコメント
カヤック禁止だから、もう
by るい at 17:10
正しいビームのためのヒン..
by グッチ ベルト at 08:33
合計18K古い時計のダイ..
by 時計 通販 at 08:47
ウォッチングは楽しい運動..
by Coangerge at 00:14
>コロニャーさん ありが..
by moch3636 at 17:13
のんびり治療に専念してく..
by コロニャー at 19:25
>GT200さん GT2..
by moch3636 at 17:19
>コロニャーさん キンメ..
by moch3636 at 17:18
お話する機会が無くて残念..
by GT200 at 13:10
でか真鯛おめでとうござい..
by コロニャー at 20:33
最新の記事
お気に入りブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

10月28日 本栖湖 ヒメマス釣り
残念な天候でカヤックで浮くのは難しい週末。
雨さえ我慢すれば湖での釣りは出来そうだ。
c0163207_21132642.jpg

ヒメマスが10月25日に解禁されたばかりの本栖湖へ。
本栖湖のヒメマス釣りは秋に一ヶ月、春に一ヶ月と年間でも2ヶ月間しか楽しむことはできない。
いつかやってみたい釣りの一つとして暖めていた釣り。
今回、いろんな偶然が重なって実現。
c0163207_21173836.jpg

暗い内に到着して、受付順を決めるクーラーボックスの列に参加する。
東の空が白んでくると釣り師達がごそごそと準備し出す。
c0163207_21202459.jpg

常連の艤装は完成の域、回転座椅子にウレタンの座布団、素晴らしい。
受付を済ませてから、皆漕ぎ出す。
c0163207_2122890.jpg

pescadorが漕ぎ手、後ろに乗せてもらって湖上へ。
受付は12番手、もう手近なブイは空いてない。
近いところのブイに繋いでいる釣り人にお願いし繋がせていただく。
開始一投目、コマセも詰めてない仕掛けにアタリが来る。
c0163207_21271439.jpg

ピッカピカのヒメマスをキャッチ!
朝の内は活性が高く、竿二本出しているので忙しい。
pescador良型ゲット
c0163207_21292599.jpg

もっちにもグッドサイズ
c0163207_21302292.jpg

雨は降ったり止んだりだがそれほど寒さも感じないで釣りに没頭する。
両手に竿を持って誘いを入れているとググッと乗ってくる。
口切れしやすくてかなりの確率でバラシてしまう。
ちょっと竿を置いて目を離していると20号の錘を背負ってかなり撓っているはずの竿が一直製になっている。
これはヒメマスが掛かってから水面に向かって泳いで錘の負荷がなくなっている状態。
よく言う“食い上げ”これをやられてしまうとサビキ仕掛けがグチャグチャになって交換するはめになる。
短いジアイ中に仕掛け交換作業を強いられかなりのタイムロスになってしまうので要注意。
釣ってる場所は水深90m。ボート屋さんのすぐ近くだがいきなりドン深。
最深部は120mあるらしい。
魚探には10m~底近くまで反応があるがやる気のある群れは25~30m位のようだ。
棚合わせは厳密に行わないとアタリが出ない。
PEのラインマークやカウンター付きリールで正確に棚を取る必要がある。
誘うと乗ってくるパターンが多かったので有効であることは確かだ。
c0163207_2132425.jpg

ちょっと色付いてきた雄のヒメマス。
婚姻色に染まると真っ赤になる。
ベニザケの陸封タイプというヒメマスは阿寒湖から各地に移植された魚。
その美味しさから釣りの対象として非常に人気がある。
ここ本栖湖での釣り方はコマセサビキ、胴突仕掛で狙う。
コマセカゴを付けてコマセを漂わせ、針を同調させて食わせる。
c0163207_21472860.jpg

天気は雨だが解禁したての休日とあって賑わっている。
c0163207_21484879.jpg

でも全部で30艇は出てない感じ。ジェットスキーも居ないので、静かに釣りができる。
c0163207_21534790.jpg

潜水艦が出てきた… 実はこの船、潜れない潜水艦。だからモグランという名前なのだそうだ。
船底がガラス張りのグラスボートで魚に餌付けをしていて家族連れで楽しめる船。
遊覧船はこれ一隻だし近くには来ないので釣りに集中できる環境は保たれている。
朝は好調だったが、昼になると群れの回遊はまばらになってくる。
なんとか正午過ぎに二人の制限匹数60匹に到達したので終了。
c0163207_2262536.jpg

いつもは自分で漕いで帰るんだけど…
c0163207_21584382.jpg

きょうはラクチン(^_-)-☆ pescadorありがとう。
帰ってから捌くと
c0163207_2212430.jpg

ぱんぱんのお腹は卵でいっぱい。
c0163207_2215963.jpg

晩御飯はムニエル。
身はピンクで激美味!ご馳走様でした。
[PR]

by moch3636 | 2012-10-28 22:00 | ただのフィッシング
10月21日 館山湾
朝のうちは強風予報だったのでゆっくり準備して、ブチさんと田吾作さんと10時頃の出艇
c0163207_16395714.jpg

今回からニューウェア。
c0163207_16435470.jpg

リトルオーシャンのパドリングジャケットとパドリングパンツ。
ドライスーツ程の防水性能が必要の無い時期、セパレートのウエアはジャケットだけ脱ぎ着出来て使い易い。
先週着たウエットスーツも動きやすくて良いが、パンツ脱いでの着替えが少々面倒。
恥ずかしい年齢は過ぎてしまっているが、逮捕されかねないのがネック!

ジャケットは首と袖口はラテックスではなくクロロプレーンなので完全ドライでは無い。
胸のチャックは防水チャックなので標準で付いているフードを被ってしまえば雨の中でも快適に釣りができるだろう。キャップのツバがひっかけられるフードなので視界は確保し易い。
ウェストはダブルになっていて下からパンツ、ジャケット、パンツ、ジャケットと重ねて着るようになる。
身長185cm体重100kgのもっちはXXL。
ドライスーツよりお腹廻りにゆとりがあり楽。

パンツはウェーダーと同様のクロロプレンソックスが特徴、ソックスの厚さがあるのでそれに合わせたシューズを選びたい。

ドライスーツの透湿素材のソックスより耐久性はずっと上。

保温性が高いので足先の冷えにお悩みの諸兄にはお勧め。

おしっこチャックのフタの両端は縫いつけてなくベルクロではがれるようにしてあるので最後まで締め易い。

フィッシングカヤックでの着座姿勢に合わせて採用した、思い切った立体裁断,縫製の3D形状パンツなので釣りしていて引きつれたり、余ったりするところがなく着易い。

水温の暖かい秋から初冬はセパレート、水温の低い冬からGW頃まではドライスーツが良いだろう。
でもこの快適さは癖になりそう、ドライスーツの出番が減ってしまう予感。

PFDを着ると
c0163207_1733727.jpg


PFDもマイナーチェンジ、ポケット内に小ポケットが付いて小物が入れやすくなった。
浮力体を改良してより着易くしたとのこと。
オレンジが鮮やかになったのと新カラーのブラックを追加。

詳しくはリトルオーシャンのHPで…ってまだ準備中ですネ。
更新よろしく>pescador
もう発売開始のはずですので注文はお早めに。

書き忘れましたがパンツはソックスのサイズ分けが細かくてS,M,L,XL,XXLと5サイズになってます。
ソックスサイズはウェーダーと同じですので“ここ”を参照してください。
詳細が知りたい方、此処の写真撮ってとかの希望がありましたら対応しますのでコメント欄に書いてください。

では釣りに戻ります…

鯛カブラでマダイを釣りたくて沖に漕いでいくと水深30m程の根にベイト反応、
ベイトの周囲にはポツポツと大型魚の反応もある。
一投目に来たのはオオモンハタの子供。
c0163207_17595156.jpg

大きくなってとリリース。
その後は何も釣れずに苦戦。
沖の段差を過ぎると一気に水深が深くなる。
100mの底で乗ったのはマトウダイ

c0163207_1832424.jpg

メダイ、アマダイ、マトウダイ、と順調に“マダイ”に近づいてる?
カブラへのヒットはこの一匹だけ。
c0163207_187085.jpg

田吾作さんも苦戦中。
13時まで頑張ったがこれが限界、カワハギ狙いに切り替える。
カワハギもまた大苦戦。
c0163207_18101850.jpg

イトタマガシラ、トラギス、キタマクラ、に悩まされる。
トラギスは底を離せればなんとかかわせるのだがキタマクラは始末が悪い。
かなり上まで付いてくるし釣り分けが難しいというか無理。
停めた場所が良くなかったようだ、ワッペンサイズが大変多い。
c0163207_18141286.jpg

たまに掛かる良型カワハギが居るので粘ってみるが…
突然来た強い引きはウマヅラ君
c0163207_18154416.jpg

あれっカワハギの写真が無い、カワハギはやっとのツ抜けで12匹。
日が傾いてきて田吾作さんが伝家の宝刀パドリスト、ティップランモデル PSQ- TR72M
でイカ釣りを始めるとあっという間の4連発、しかも800g程の良型だという。
あわててアンカーを引揚げると素晴らしい夕日。
c0163207_18193723.jpg

もっちのTR72Mにも無事入魂完了
c0163207_18203842.jpg

田吾作さんの800gくれるっていうのでコロッケ君はラッキーにも海に帰れた。
[PR]

by moch3636 | 2012-10-21 00:00 | カヤックフィッシング
10月14日 館山湾
いつもご一緒いただいている田吾作こと秋山氏が今晩23時30分より、BS日テレの「夢釣行」という番組に出演します。
夢釣行の公式サイト → http://www.bs4.jp/yumetyoko/
カヤックフィッシングの楽しさが伝わる内容に仕上がっているとのこと。是非御覧ください。



天気予報では風が強い、しかも雨も少し降る感じ。
とりあえず現場で判断しようと出かけてみる。
9時半出艇。この辺りはベタベタ。
c0163207_17593790.jpg

新発売のパドリスト、ティップランモデル PSQ- TR72M が主砲の位置に鎮座。
カワハギポイントに漕ぐ途中ちょっとイカやってみようという魂胆。
いきなり一投目にイカヒット!
グイングインと久しぶりのイカの引き。
幸先良しとリール巻いていたらバラシ。
周辺で数投するもその後はアタリ無し。
漕ぎ進むとお久しぶりのbluegrassさん。
c0163207_1853094.jpg

イカ狙いとのことだかまだ一杯と渋めらしい。bluegrassさんのイカ釣り技術は折り紙付きなので、イカ狙うなら腰据えてやらないといけなそうだ。
竿の入魂は次回にしよう。
c0163207_1873536.jpg

カワハギポイント探しながら漕いで行くとfunさん。
いきなり合わせてイカヒット!
このあと連発モードに突入したようです。
帰るfunさんからアオリ3杯いただきました。ごちそうさま。
この時かなりイカに後ろ髪引かれたのだがカワハギ狙いにシフト。
メアさんnomchuさんも近所でカワハギ釣りをしているので、いかにもよさそうな駆け上がりに海草が生えた場所にアンカリングする。
開始直後は潮動かずアタリも散発。
お昼近くなると西への潮流が出てくる。
トラギスの活性アップ。
c0163207_18114340.jpg

着底後すぐに底を切らないとあっという間にこの状態。
急いで底から離すのだがかなりな確立でトラギスにやられる。
ラインにマーカー付けて上から攻めないといけないだろう。
ラインに付ける目印に良い物探そう。
トラギスの猛攻をかわして上から誘い下げるとカワハギが掛かる。
c0163207_18151381.jpg

流れが速くなってきてカワハギの食いが良くなってきた。
c0163207_18161640.jpg

錘は最初15号から始めたのだが20号、25号と変更。
c0163207_18172612.jpg

強い引きはウマヅラ。
25号でも45度位に流されてくる。
もうラインが流されてたるんでいるのだろう、アタリが出ない。
カワハギの食いは立っているので空あわせで釣れる。
待ってしまうとあっという間にツルテン。
c0163207_18195735.jpg

このサイズもたくさんいるようだ。

カメラ側で釣りすると艇の下にラインが流される、北西風、北西への潮流、西からのウネリ。横から波を受けて釣り難い。
艇の向きは風と潮の中間で北向き。西からの波が艇のデッキを洗い始めた。
時折襲来する大きなウネリでアサリ流失…
心折れかけたが、思いなおしてマルキューアサリの封を切った。
この後10枚は追加できたので元は取ったかな。
今日の竿は極鋭ゲーム180テクというカワハギ専用竿ではなく、カワハギには少し柔らかめの竿。
胴がしなって掛けてから楽しくバラシ難い竿だが今日の潮流には役不足だった。
25m程の水深の場所だが、30号でも足りないだろう。
水深10mでゆるい潮なら10号錘に湾フグ竿が楽しいがこんな状況もあるので釣りは難しい。
ウェアはロングジョンで足や腰廻りは寒さは感じないが肩が冷えてきた。
沖から鯛狙いの二人が帰還。
c0163207_1920612.jpg

pescadorは夏の格好、さすがに寒いと言ってる。
田吾作さんは2枚の大鯛ばらして熱くなっているようだ。
風もさらに強くなりフラッグがちぎれて飛んでいった。
c0163207_1839355.jpg

nomchuさんメアさんも撤収。
帰りましょう
c0163207_18435824.jpg

真っ直ぐ帰るのかと思えば、体力余った二人はイカ釣りを始めた。
もっちは撤収。

今日の釣果
c0163207_18452615.jpg

リリース分足すと25枚(ウマヅラ込)。
最大26cm デカハギダービーエントリーできず。

最後までお付き合いくださった貴方に耳寄り情報。
冷えた体を暖めてくれる美味しい麵屋さんのご紹介。
c0163207_19522359.jpg

“麵や、すみよし” ドカ盛で有名な住吉飯店の系列店だそうです。
c0163207_19553380.jpg

c0163207_1956156.jpg

3人で何食べようか迷っていると親切な店員さんが料理について教えてくれました。
結局頼んだのは あんかけヤキソバ とんこつラーメン チャンポン
どれも美味しく量もたっぷり。カヤック漕いで消費したカロリー以上の摂取でした。
http://sumiyoshihanten.blog94.fc2.com/blog-entry-98.html
場所は住吉飯店から少し南下したところヤックスとパチンコ屋さんの向かい。
[PR]

by moch3636 | 2012-10-14 23:00 | カヤックフィッシング
10月6日 館山湾
週末の荒天のサイクルが続いていたがやっと脱却。
3連休の今週末だが、浮けそうなのは土曜日だけ。
c0163207_2158588.jpg

pescadorはリール新調して鯛カブラやる気満々。
9時半出艇ののんびりペース。
風も無くベタ凪。
c0163207_22284335.jpg

対岸が霞んでいる。
カワハギ釣りがメインの予定だが、青物でも居ないかと水深40mまで漕ぐ。
ベイトの群れがいたのでジグ投下。
c0163207_221447.jpg

一投目からヒットする。
ソーダガツオでした。
無反応な場所でジグのフォールに反応したのはオニカサゴ

c0163207_2224278.jpg

美味しい魚だけど毒魚注意!こんな写真は駄目です。
青物は気配無し。
空には大型ヘリの編隊が通る。
c0163207_2253082.jpg

20m前後の水深でカワハギ釣り開始。
潮が動かず苦戦、ポツポツとやっと3匹。
c0163207_2264190.jpg

外房のウネリにやられたやすさんが転戦してきた。
うねりの中アカハタやマダイをキャッチとのこと。
この頃雲行き怪しくなって雨が降り出す。
風も南になりときおり強くなってくる。
お昼すぎると潮が動き出す。
カワハギの活性あがって一時入れ食い。
活性低い時間帯は集奇付けて潮に流してみたりしたが、活性が高い時には上から攻める宙釣りが効果的。
錘を浮かせているときの方が餌に触れるついばみアタリが判りやすい。
今日の竿は極鋭ゲーム180テクという竿。
湾フグ竿より腰が強く大変使い易い。
錘15号、20号での宙釣りが良い感じ。
小さいサイズの群れが来るとかなり苦戦。
c0163207_22374193.jpg

ツルテン(餌、全部盗られ)の連発食らって熱くなる。
針を落とそうかとも考えたが今日はデカハギ狙い。
パワーフック5.5号で通す。
潮が緩んでジアイ終了。
雨も去って行って視界もクリアに。
c0163207_2231111.jpg

沖からpescadorが早仕舞いして帰還。
いつも先に上がろうとするときには獲物に満足した時。
やっぱり…
c0163207_2223548.jpg

70cm5キロのマダイ
近くで見ると凄い迫力
c0163207_22324811.jpg

一発屋の本領発揮、粘りと根性の賜物。
ジギングのエキスパート、やすさんもワラサキャッチ!
c0163207_22254774.jpg

空には虹。
c0163207_22342369.jpg

カワハギは30匹、リリースサイズ10匹位と型揃い。
c0163207_22481733.jpg

結局最大26cm
シマノのデカハギダービー用ステッカーで計測したのは鬼カサゴ。
c0163207_22473343.jpg

次回もデカハギ狙いか
[PR]

by moch3636 | 2012-10-06 22:00 | カヤックフィッシング