カヤックフィッシングとはカヤックのみならずカヤックからのフィッシングまでも楽しんでしまおうという欲張りな遊び、内房メインに浮いてます。
by moch3636
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク

フライフィッシンググッズ
リトルプレゼンツ

ミッドフリースジャケット&パンツ新発売

リトルオーシャン、カヤックアングラーが作ったカヤックフィッシング用PFD新発売

カヤックフィッシングの草分
ナカムラ軍曹殿のBlog


くらげ商店 日本初カヤックフィッシング専門ショップ ナカムラ軍曹殿独自の品揃えは必見

カヤックフィッシングで釣れるのかーっ!っていつも軍曹より釣ってるワイズさんのブログ

試乗会開催中!動画の解説は必見です。更新ブログの一覧は大変便利、カヤックフィッシングをやってみたいという皆さんを応援するサイト

カヤックフィッシングといえば
TEAM N.W


漕ぐ釣る食う J-yamadaさん

Double×Cross
ダブルクロス くららさん


H.Tagyo's blog/BURNS ltd.

シットオントップで水遊び
medakaさんのブログ


広く浅く…
bluegrassさんのブログ


水平線の歩き方
まぶさんのブログ


カヤックフィッシング関連グッズが充実,木更津のFun
釣りの行き帰りに寄って情報収集しよう


kayak55スタッフ、チャン松さんのブログ

TeamBanzy!! チームのメンバーで更新

エキスパート揃いの疑似餌釣遊倶楽部

鬼パドルRideing! ライド乗りの”のっちさん”のブログ

TeamK・E 使えるgoodsの紹介が秀逸!財布の紐縛ってからクリック

カヤックフィッシング以外でも機械も電子も工作技術がプロレベルのマメぞーさん

安全、艤装の参考に、先輩カヤッカーYATAさんのHP
Shallowwater,TeamFIT TOKYO


石垣島のアウトリーフに漕ぎ出してのジギング開拓、豪快かつ緻密なshuさんのブログ

ターポンウルトラライトでカヤックフィッシングされているMikoliさんのブログ

瀬戸内ルアー&カヤックフィッシング、isoさんのブログ

一人中年漂流記、いつも一緒に浮いてるメアさんのブログ

陽気にカヤックフィッシング
コロニャーさん


魔神風車固め unokenさん

修行日誌、TKSさんのブログ

玉砕工房、玉砕せんせいのブログ

忙中閑だらけ、イカマスターのブログ

新!狭い視野広い意見!
みんぱぱさんのブログ


チーム木曜会
チャンプの後輩さんのブログ


ターポンでGO!
けーふぁくさんのブログ


KF探検隊
のぶぞうさんのブログ


一人じゃ怖い、Kayak Fishing
誠さん


みんなで作るカヤックフィッシングwiki sirosixさん
出艇場所公開について
もっちにメール
最新のコメント
カヤック禁止だから、もう
by るい at 17:10
正しいビームのためのヒン..
by グッチ ベルト at 08:33
合計18K古い時計のダイ..
by 時計 通販 at 08:47
ウォッチングは楽しい運動..
by Coangerge at 00:14
>コロニャーさん ありが..
by moch3636 at 17:13
のんびり治療に専念してく..
by コロニャー at 19:25
>GT200さん GT2..
by moch3636 at 17:19
>コロニャーさん キンメ..
by moch3636 at 17:18
お話する機会が無くて残念..
by GT200 at 13:10
でか真鯛おめでとうござい..
by コロニャー at 20:33
最新の記事
お気に入りブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析
カテゴリ:カヤックフィッシング( 176 )

8月17日 館山湾
5月12日以来更新が滞っていますが、偶には浮いてます。

坐骨神経痛の痛みが完治せずに薬飲んだり、ブロック注射で治療中。
そんなわけで様子見ながら浮いてます。

この間の休日はというと…

c0163207_10184246.jpg

山にハイキング。

c0163207_10362683.gif

渓流でフライフィッシング

c0163207_10401590.jpg

6月9日 アオリイカ釣り
c0163207_11222570.jpg

イカ狙い、浮気無し!
c0163207_10415825.jpg

久しぶりのキロ超えアオリ


ワームでコチ釣り


シイラ釣り満喫


エソの猛攻の中からマゴチ


出艇準備

こんな感じでマイペースでやってます。
[PR]

by moch3636 | 2013-08-17 20:00 | カヤックフィッシング
5月5日 12日 館山湾
前回のブログ更新から4ヶ月の放置でした。
1月後半に発症した坐骨神経痛で車の運転も辛い状態が続いていたのだが、気温の上昇とともに体調も良くなってGW後半にリハビリを兼ねて出かけてみた。
c0163207_22131546.jpg

この浜はツーリングカヤックの人たちもよく利用されていている湾の奥にある穏やかな浜。
c0163207_22111656.jpg

5月5日は田吾作こと秋山さんがカヤックアングラー達に呼びかけて続けているビーチクリーンの日、この活動も回を重ねてきたので、釣りに行っても顔なじみの地元の方が増えてきた。
この日もいつものように浜の掃除に駐車スペースの草刈、何度も参加しているメンバーは作業内容がわかっているので仕事が速い。
c0163207_2214266.jpg

地元の方との共同作業で綺麗になった浜で出艇準備。
c0163207_22202313.jpg

pescadorはパドルからペダルへチェンジ。
c0163207_22213250.jpg

浮いてみると心配だった腰の痛みも問題無く漕げるようだ。
無理せず近場でイカ狙い。
数投で小さいアオリイカが釣れた。
c0163207_22244376.jpg

これはあまりにも小さいのでリリース。もう春のデカイカシーズンは終わり?
その後イカは釣れないのでゆっくりと漕いで廻ってみた。
沖からkarikaiさんが上がってきた。
c0163207_22305610.jpg

オニカサゴを捕獲したようだ、いつも獲物を確実にしとめるなぁ。
c0163207_22351044.jpg

赤いトライデントのbluegrassさん、レア艇だとすぐに誰だかわかります。
もっちがこの日釣り上げたのは、コロッケサイズのアオリイカ、15センチのキダイ、ムツの子供
c0163207_2305810.jpg

尻尾の先が黒くないのでキダイ(関西ではレンコ)のようです。
また“マ”ではないタイを釣ってしまった。
c0163207_2312291.jpg

一部の?アングラーは真鯛をかなり上げていた様子。
c0163207_2325311.jpg

pescadorは鯛3枚
c0163207_2335730.jpg

田吾作さんの鯛はナイスサイズ。良い事したご褒美です。
のっちさんもたむぞうさんもGT200さんも…って一部ではありませんね。
完全に乗り遅れました。
nomchuさんは美味しそうなカサゴ
c0163207_2371492.jpg

もっちには良いリハビリでした…

5月12日
この好機に田吾作さんやpescadorの釣ったみたいな鯛が釣りたくて一週間充電して出直し、同じ場所で再挑戦。
c0163207_23283965.jpg

鯛カブラを付けたタックルが主砲の位置。
僕等には早い8時過ぎに出艇。
今日はイカ狙いはせずに朝から鯛狙い。
二時間アタリ無しが続き水深80mの底から10m程巻いたところで初ヒット。
c0163207_23325275.jpg

30センチ位か、キンメダイ?いやマダイに間違いなさそうだ。
その後遊んでくれるのはサバフグとアヤメカサゴだけ。
c0163207_2339312.jpg

c0163207_23411224.jpg

ただただ落としては巻きの繰り返しなので時折睡魔に襲われてカクッと落ちる。
イカを快調に5ハイ取ってから鯛狙いに切り替えた田吾作さんも心折れ気味。
pescadorは上陸して昼寝を決め込んでいる。
もっちもあきらめ半分に水深40mの場所でラストチャンスに掛ける。
田吾作さんは過去の経験からずっとこの辺りでサーチを続けている。
ラスト流しにしますと風上に漕いで行った。
もっちはもう風上に漕ぐ元気も無く、ただ風に流され続けて落としては巻きを続ける。
風は5~6m/sだろうか結構な風波がバウを洗い始めている。
カブラが着底するとリールのカウンターは50mを示している。
魚探の反応も無し、底の変化も無し、アタリも無しなので結構速めな速度で30mまでラインを巻き取ると突然竿が締め込まれた。何もできないままラインが60mまで出されてから止まった。青物のような速度ではなく、時折竿がガクガクとなる、これが鯛?釣ったことがあるのは30cm程度のチャリコなので鯛なのか判断できない。
PE0.8号にリーダーはフロロの3号、ロッドはタチウオ用のWGJ-SF60UL、バットから曲がりっぱなしだが少しづつ巻き取れ始めた。片手でパラシュートアンカーを回収して残りラインが10mになった時には10分程が経過。濁潮なので5mになってもまだ魚が見えない。真っ白な魚が見えてきたのでヒラメのお腹が見えたのかと思ったがネットに入ったのは色のまだらなオスの真鯛。

c0163207_11283810.jpg

photo by pescador
c0163207_0265229.jpg

78cm5kg、田吾作さん撮影ありがとう。
40mの浅場、しかも中層で食って来るだろうと教えてくれたのは田吾作さん、重ねて感謝!

もっと集中して釣れるジアイがあるのかもしれないが、折れない心、やり続ける粘りが大切な釣りだ。はっきり言って苦手な釣りの代表。しばらくやりたくないような気もするが次回またやってたりするのかも。引きも強いし、風格の在る魚体、食べても美味しい魚の王様。魅力十分な魚ではある。
帰りがけにアオリイカキャッチして終了。
c0163207_031355.jpg


最近出番の少なくなったコブラ、フィッシンダイブ。漕ぎが少し重いけど、たくさんの魚を釣らしてもらった頼れる艇だ。使ってくれる新オーナーの元に旅立って行きました。
c0163207_0333354.jpg

いままでありがとう。
[PR]

by moch3636 | 2013-05-12 22:00 | カヤックフィッシング
1月5日 館山湾
初釣りは3日に今シーズン2度目の千葉のリザーバーへワカサギ釣りに。
狭いボートでじっとして釣るので足も攣ったがワカサギも大漁。
c0163207_1739554.jpg

さすがに少し飽きてきたかも…

5日になってやっとカヤックで浮ける天気になった。
皆も同じ思いで待っていたのだろう、大勢が集まった。
c0163207_17425595.jpg

朝は風強めなのでのんびり準備して艤装談義などでまったり。
中でも注目はスクラッチさんの艇。
c0163207_17464890.jpg

最新の左右が見える魚探を装備したホビーカヤック。
この艇でワカサギ釣りしてみたいなぁ。
c0163207_17535852.jpg

冷たい水温を少し上げようと暖かい水を注入してはみたものの効果は無く…13度位。
少し風が弱まったので10時頃出艇。
メアさんとsirosixさんとカワハギ探してあちこち探すが、外道のあたりさえ無し。
アサリが三つ齧られることもなく帰ってくる。
かなりの苦戦中、メアさんが少し魚の反応がある場所を発見。
そこで粘るとポツリポツリと本命が掛かる。
c0163207_1822025.jpg

それにしても潮が動かない。前回ここでカワハギ狙った時には30号の錘でも道糸が45度に流されてしまったのに今日は20号でも真下に落ちてしまう。
がんばって続けるとナイスサイズも来るのだが続かない。
c0163207_1855748.jpg

餌は取られるのが救いだが、取っているのはこいつらがほとんどのようだ。
c0163207_187018.jpg

sirosixさんはホビーでちょい漕ぎしながらカワハギ狙い。
c0163207_1874874.jpg

24cmのナイスサイズをキャッチ。
c0163207_18114713.jpg

お刺身だぁ~と大喜び。
正午を過ぎても結構な風。
餌をつける手が痺れて来る。
c0163207_1895225.jpg

隣ではメアさんもがんばっているのでもっちもがんばってはいるのだが…
良い引きがきたと思えば外道のウマズラ。
角の根元の黄色がワンポイント!
c0163207_18143421.jpg

海は穏やかになって、いつ見ても素晴らしい洋上から見る日没。
c0163207_1822115.jpg

帰着すると皆苦戦のようだったが、nomchuさんだけが鯛3枚と竿頭。
今度教えてください。

お持ち帰りはこれだけ。
c0163207_1826763.jpg

[PR]

by moch3636 | 2013-01-05 20:00 | カヤックフィッシング
11月25日 館山湾
本栖湖から帰宅したのが23日20時頃、翌日は昼過ぎまで家で休養。
午後になってオカッパリシーバスの準備をし出す。
日が落ちる頃から釣り始め、何箇所か打ちながら南下して行くがなかなかシーバスは見つけられない。
ソコリの21時を廻りベストと思われる場所に戻って上げ始めを狙う。
オカッパリシーバスは超素人のもっち、でもガイドは超エキスパートの田吾作さんとGAKUさん。
名ガイド二人のおかげで釣らせてもらった80cm
c0163207_22365357.jpg

う~ん魚はでっかいんだけど…見えないね。
カメラマンのpescadorのOKも出てめでたくノルマ達成!
12時半のラストオーダーになんとか間に合ってありついたあったかラーメン、美味い。

翌日は4人で館山湾へ。
c0163207_22484227.jpg

午前中は風が強い予報だったのでゆっくり準備。
c0163207_2251688.jpg

風も弱くなり猫がカヤックシートで日向ぼっこを始めた。
オカッパリシーバスはまったく釣れる気がしなかったもっち、今日もシーバス釣りと読んでシーバスタックルしか持って来なかった。
pescadorにカブラタックル借りて出ることにする。
c0163207_22561661.jpg

一緒に出たのはやすさん、田吾作さん、GAKUさん、pescador
c0163207_2382336.jpg

GAKUさんカヤックは数回目らしいが、慣れた感じですいすい漕いで行く。
c0163207_2393192.jpg

大物狙いの皆はイカ狙いのGAKUさんを放置して深場へ急ぐ。
沖にはnomchuさん。
c0163207_23144810.jpg

もう少し深い所にイナダが居たとの事。
さらに沖に行ってみてはみたものの…
c0163207_03478.jpg

釣れない時の鯛カブラは眠くなって仕方が無い。
時々通る大型船に気をつけながら、眠気と戦いながら、巻く落とす巻く落とす。
c0163207_0214716.jpg

シーバス狙いに切り替えて戻って行くと、GAKUさんにボイルがあった場所を教えていただく。
c0163207_023751.jpg

聞いたエリアには確かにベイトがたくさん居た。
ベイブルをボトムに落としてから巻き上げる。
c0163207_0242820.jpg

坊主回避…
日が傾いてnomchuさんが帰ってきた。あれからイナダを追加したらしい。
c0163207_0262989.jpg

この画が今日一の収穫。
[PR]

by moch3636 | 2012-11-27 00:35 | カヤックフィッシング
11月18日 KFM
18日は楽しみにしていたKFM。
前日の荒天が残り開催できるかわからないと連絡が有ったが、準備万端、やる気満々でやってきた。
c0163207_1115560.jpg

サーフで砕ける波を見れば出艇できない状況であることは誰が見ても納得。
c0163207_11162941.jpg

そんな状況でも集まった大勢のカヤックアングラー達。
c0163207_11184778.jpg

pescadorも新製品を見てもらう良い機会なのではりきって展示。
c0163207_11212365.jpg

裏地にフリースが張ってあるので暖かいキャップ
c0163207_11225373.jpg

ソックスはウールの裏地だそう。
PFDは小改良して完成度UP。
c0163207_11291949.jpg

FUNさんジェットボイルでコーヒーサービス
c0163207_11325566.jpg

サウスウインド石田社長の挨拶があり釣りの部分は中止との事。
カヤック55赤澤さんの司会で安全についてやカヤックフィッシング界の問題の報告。
他にもたくさんのプレゼンターが大切な事を伝えてくれました。
詳しくはカヤック55の公式ブログで。
もっち的には蒲郡のカヤックショップ「レインボー」の中谷さんに伺ったデスペラードのデザインの話が印象的でした。
c0163207_12144214.jpg

毎回ごちそうになるKさん、パパさんの豚汁&チリコンカン、絶品!御代りして両方いただいちゃいました。
c0163207_1223474.jpg

抽選会でリトルオーシャンのパドリングジャケットとパンツをゲットしたのは、たむぞうさんとりゅうさん。
c0163207_12255033.jpg

おめでとうございます。

釣り大会はできませんでしたが有意義なミーティングに参加できたのも多くの時間をかけて準備してくれたボランティアスタッフの皆さんのおかげです。

ありがとうございました。
[PR]

by moch3636 | 2012-11-18 20:00 | カヤックフィッシング
11月11日 高滝湖 ワカサギ釣り(カヤック)
このところ日曜日の天候が良くない。湾奥なら浮けそうだがそれも正午前後だけな感じ。
結局、先週やって楽しかったワカサギ釣りに高滝湖に向かう。
c0163207_14572788.jpg

アクアラインのトンネルから出るとオレンジの世界。
風速は6m/sの表示。
到着するとバス釣り大会が始まったところ。
c0163207_1503265.jpg

ワカサギのドーム桟橋が3つも出来てきた。
c0163207_1524869.jpg

pescadorは今期初ワカサギ釣り
c0163207_1535712.jpg

カヤックからのワカサギ釣りは久しぶり。
c0163207_154585.jpg

トリプルで盛り上がる時間帯もあったのだが、先週より上下に散っていて釣り難い。
2mから6mまで様々な水深で掛かる。
絞りきれなくて悩みながらの釣り。
赤虫で釣っている人は忙しそう。
餌持ちの悪い赤虫は持ってない。
面倒がっていてはいけないのかも。
表彰式も済んでバス釣り大会も終わったようだ。
上がってみると並木プロが講習中。
c0163207_1595927.jpg

世界の並木プロ、凄く親切に解説してくれてて、強面だけど優しい人ですね。
というわけでこちらの試合も終了!
c0163207_15134725.jpg

左のジップロックpescador141匹、右のジップロックもっち127匹 14匹届かずで惜敗。
善戦したけどpescadorの壁は厚いのであった。
c0163207_15191163.jpg

からあげ
c0163207_15181752.jpg

南蛮漬け 美味い。

誰かpescador破る秘策教えてください。やっぱ赤虫?

お役立ち情報、ボート持込代¥1,000入漁券¥630
[PR]

by moch3636 | 2012-11-11 22:00 | カヤックフィッシング
10月21日 館山湾
朝のうちは強風予報だったのでゆっくり準備して、ブチさんと田吾作さんと10時頃の出艇
c0163207_16395714.jpg

今回からニューウェア。
c0163207_16435470.jpg

リトルオーシャンのパドリングジャケットとパドリングパンツ。
ドライスーツ程の防水性能が必要の無い時期、セパレートのウエアはジャケットだけ脱ぎ着出来て使い易い。
先週着たウエットスーツも動きやすくて良いが、パンツ脱いでの着替えが少々面倒。
恥ずかしい年齢は過ぎてしまっているが、逮捕されかねないのがネック!

ジャケットは首と袖口はラテックスではなくクロロプレーンなので完全ドライでは無い。
胸のチャックは防水チャックなので標準で付いているフードを被ってしまえば雨の中でも快適に釣りができるだろう。キャップのツバがひっかけられるフードなので視界は確保し易い。
ウェストはダブルになっていて下からパンツ、ジャケット、パンツ、ジャケットと重ねて着るようになる。
身長185cm体重100kgのもっちはXXL。
ドライスーツよりお腹廻りにゆとりがあり楽。

パンツはウェーダーと同様のクロロプレンソックスが特徴、ソックスの厚さがあるのでそれに合わせたシューズを選びたい。

ドライスーツの透湿素材のソックスより耐久性はずっと上。

保温性が高いので足先の冷えにお悩みの諸兄にはお勧め。

おしっこチャックのフタの両端は縫いつけてなくベルクロではがれるようにしてあるので最後まで締め易い。

フィッシングカヤックでの着座姿勢に合わせて採用した、思い切った立体裁断,縫製の3D形状パンツなので釣りしていて引きつれたり、余ったりするところがなく着易い。

水温の暖かい秋から初冬はセパレート、水温の低い冬からGW頃まではドライスーツが良いだろう。
でもこの快適さは癖になりそう、ドライスーツの出番が減ってしまう予感。

PFDを着ると
c0163207_1733727.jpg


PFDもマイナーチェンジ、ポケット内に小ポケットが付いて小物が入れやすくなった。
浮力体を改良してより着易くしたとのこと。
オレンジが鮮やかになったのと新カラーのブラックを追加。

詳しくはリトルオーシャンのHPで…ってまだ準備中ですネ。
更新よろしく>pescador
もう発売開始のはずですので注文はお早めに。

書き忘れましたがパンツはソックスのサイズ分けが細かくてS,M,L,XL,XXLと5サイズになってます。
ソックスサイズはウェーダーと同じですので“ここ”を参照してください。
詳細が知りたい方、此処の写真撮ってとかの希望がありましたら対応しますのでコメント欄に書いてください。

では釣りに戻ります…

鯛カブラでマダイを釣りたくて沖に漕いでいくと水深30m程の根にベイト反応、
ベイトの周囲にはポツポツと大型魚の反応もある。
一投目に来たのはオオモンハタの子供。
c0163207_17595156.jpg

大きくなってとリリース。
その後は何も釣れずに苦戦。
沖の段差を過ぎると一気に水深が深くなる。
100mの底で乗ったのはマトウダイ

c0163207_1832424.jpg

メダイ、アマダイ、マトウダイ、と順調に“マダイ”に近づいてる?
カブラへのヒットはこの一匹だけ。
c0163207_187085.jpg

田吾作さんも苦戦中。
13時まで頑張ったがこれが限界、カワハギ狙いに切り替える。
カワハギもまた大苦戦。
c0163207_18101850.jpg

イトタマガシラ、トラギス、キタマクラ、に悩まされる。
トラギスは底を離せればなんとかかわせるのだがキタマクラは始末が悪い。
かなり上まで付いてくるし釣り分けが難しいというか無理。
停めた場所が良くなかったようだ、ワッペンサイズが大変多い。
c0163207_18141286.jpg

たまに掛かる良型カワハギが居るので粘ってみるが…
突然来た強い引きはウマヅラ君
c0163207_18154416.jpg

あれっカワハギの写真が無い、カワハギはやっとのツ抜けで12匹。
日が傾いてきて田吾作さんが伝家の宝刀パドリスト、ティップランモデル PSQ- TR72M
でイカ釣りを始めるとあっという間の4連発、しかも800g程の良型だという。
あわててアンカーを引揚げると素晴らしい夕日。
c0163207_18193723.jpg

もっちのTR72Mにも無事入魂完了
c0163207_18203842.jpg

田吾作さんの800gくれるっていうのでコロッケ君はラッキーにも海に帰れた。
[PR]

by moch3636 | 2012-10-21 00:00 | カヤックフィッシング
10月14日 館山湾
いつもご一緒いただいている田吾作こと秋山氏が今晩23時30分より、BS日テレの「夢釣行」という番組に出演します。
夢釣行の公式サイト → http://www.bs4.jp/yumetyoko/
カヤックフィッシングの楽しさが伝わる内容に仕上がっているとのこと。是非御覧ください。



天気予報では風が強い、しかも雨も少し降る感じ。
とりあえず現場で判断しようと出かけてみる。
9時半出艇。この辺りはベタベタ。
c0163207_17593790.jpg

新発売のパドリスト、ティップランモデル PSQ- TR72M が主砲の位置に鎮座。
カワハギポイントに漕ぐ途中ちょっとイカやってみようという魂胆。
いきなり一投目にイカヒット!
グイングインと久しぶりのイカの引き。
幸先良しとリール巻いていたらバラシ。
周辺で数投するもその後はアタリ無し。
漕ぎ進むとお久しぶりのbluegrassさん。
c0163207_1853094.jpg

イカ狙いとのことだかまだ一杯と渋めらしい。bluegrassさんのイカ釣り技術は折り紙付きなので、イカ狙うなら腰据えてやらないといけなそうだ。
竿の入魂は次回にしよう。
c0163207_1873536.jpg

カワハギポイント探しながら漕いで行くとfunさん。
いきなり合わせてイカヒット!
このあと連発モードに突入したようです。
帰るfunさんからアオリ3杯いただきました。ごちそうさま。
この時かなりイカに後ろ髪引かれたのだがカワハギ狙いにシフト。
メアさんnomchuさんも近所でカワハギ釣りをしているので、いかにもよさそうな駆け上がりに海草が生えた場所にアンカリングする。
開始直後は潮動かずアタリも散発。
お昼近くなると西への潮流が出てくる。
トラギスの活性アップ。
c0163207_18114340.jpg

着底後すぐに底を切らないとあっという間にこの状態。
急いで底から離すのだがかなりな確立でトラギスにやられる。
ラインにマーカー付けて上から攻めないといけないだろう。
ラインに付ける目印に良い物探そう。
トラギスの猛攻をかわして上から誘い下げるとカワハギが掛かる。
c0163207_18151381.jpg

流れが速くなってきてカワハギの食いが良くなってきた。
c0163207_18161640.jpg

錘は最初15号から始めたのだが20号、25号と変更。
c0163207_18172612.jpg

強い引きはウマヅラ。
25号でも45度位に流されてくる。
もうラインが流されてたるんでいるのだろう、アタリが出ない。
カワハギの食いは立っているので空あわせで釣れる。
待ってしまうとあっという間にツルテン。
c0163207_18195735.jpg

このサイズもたくさんいるようだ。

カメラ側で釣りすると艇の下にラインが流される、北西風、北西への潮流、西からのウネリ。横から波を受けて釣り難い。
艇の向きは風と潮の中間で北向き。西からの波が艇のデッキを洗い始めた。
時折襲来する大きなウネリでアサリ流失…
心折れかけたが、思いなおしてマルキューアサリの封を切った。
この後10枚は追加できたので元は取ったかな。
今日の竿は極鋭ゲーム180テクというカワハギ専用竿ではなく、カワハギには少し柔らかめの竿。
胴がしなって掛けてから楽しくバラシ難い竿だが今日の潮流には役不足だった。
25m程の水深の場所だが、30号でも足りないだろう。
水深10mでゆるい潮なら10号錘に湾フグ竿が楽しいがこんな状況もあるので釣りは難しい。
ウェアはロングジョンで足や腰廻りは寒さは感じないが肩が冷えてきた。
沖から鯛狙いの二人が帰還。
c0163207_1920612.jpg

pescadorは夏の格好、さすがに寒いと言ってる。
田吾作さんは2枚の大鯛ばらして熱くなっているようだ。
風もさらに強くなりフラッグがちぎれて飛んでいった。
c0163207_1839355.jpg

nomchuさんメアさんも撤収。
帰りましょう
c0163207_18435824.jpg

真っ直ぐ帰るのかと思えば、体力余った二人はイカ釣りを始めた。
もっちは撤収。

今日の釣果
c0163207_18452615.jpg

リリース分足すと25枚(ウマヅラ込)。
最大26cm デカハギダービーエントリーできず。

最後までお付き合いくださった貴方に耳寄り情報。
冷えた体を暖めてくれる美味しい麵屋さんのご紹介。
c0163207_19522359.jpg

“麵や、すみよし” ドカ盛で有名な住吉飯店の系列店だそうです。
c0163207_19553380.jpg

c0163207_1956156.jpg

3人で何食べようか迷っていると親切な店員さんが料理について教えてくれました。
結局頼んだのは あんかけヤキソバ とんこつラーメン チャンポン
どれも美味しく量もたっぷり。カヤック漕いで消費したカロリー以上の摂取でした。
http://sumiyoshihanten.blog94.fc2.com/blog-entry-98.html
場所は住吉飯店から少し南下したところヤックスとパチンコ屋さんの向かい。
[PR]

by moch3636 | 2012-10-14 23:00 | カヤックフィッシング
10月6日 館山湾
週末の荒天のサイクルが続いていたがやっと脱却。
3連休の今週末だが、浮けそうなのは土曜日だけ。
c0163207_2158588.jpg

pescadorはリール新調して鯛カブラやる気満々。
9時半出艇ののんびりペース。
風も無くベタ凪。
c0163207_22284335.jpg

対岸が霞んでいる。
カワハギ釣りがメインの予定だが、青物でも居ないかと水深40mまで漕ぐ。
ベイトの群れがいたのでジグ投下。
c0163207_221447.jpg

一投目からヒットする。
ソーダガツオでした。
無反応な場所でジグのフォールに反応したのはオニカサゴ

c0163207_2224278.jpg

美味しい魚だけど毒魚注意!こんな写真は駄目です。
青物は気配無し。
空には大型ヘリの編隊が通る。
c0163207_2253082.jpg

20m前後の水深でカワハギ釣り開始。
潮が動かず苦戦、ポツポツとやっと3匹。
c0163207_2264190.jpg

外房のウネリにやられたやすさんが転戦してきた。
うねりの中アカハタやマダイをキャッチとのこと。
この頃雲行き怪しくなって雨が降り出す。
風も南になりときおり強くなってくる。
お昼すぎると潮が動き出す。
カワハギの活性あがって一時入れ食い。
活性低い時間帯は集奇付けて潮に流してみたりしたが、活性が高い時には上から攻める宙釣りが効果的。
錘を浮かせているときの方が餌に触れるついばみアタリが判りやすい。
今日の竿は極鋭ゲーム180テクという竿。
湾フグ竿より腰が強く大変使い易い。
錘15号、20号での宙釣りが良い感じ。
小さいサイズの群れが来るとかなり苦戦。
c0163207_22374193.jpg

ツルテン(餌、全部盗られ)の連発食らって熱くなる。
針を落とそうかとも考えたが今日はデカハギ狙い。
パワーフック5.5号で通す。
潮が緩んでジアイ終了。
雨も去って行って視界もクリアに。
c0163207_2231111.jpg

沖からpescadorが早仕舞いして帰還。
いつも先に上がろうとするときには獲物に満足した時。
やっぱり…
c0163207_2223548.jpg

70cm5キロのマダイ
近くで見ると凄い迫力
c0163207_22324811.jpg

一発屋の本領発揮、粘りと根性の賜物。
ジギングのエキスパート、やすさんもワラサキャッチ!
c0163207_22254774.jpg

空には虹。
c0163207_22342369.jpg

カワハギは30匹、リリースサイズ10匹位と型揃い。
c0163207_22481733.jpg

結局最大26cm
シマノのデカハギダービー用ステッカーで計測したのは鬼カサゴ。
c0163207_22473343.jpg

次回もデカハギ狙いか
[PR]

by moch3636 | 2012-10-06 22:00 | カヤックフィッシング
9月16日 沼でスズキ釣り
カヤックから狙う対象魚、今では青物、根魚、イカと多岐に渡ってきた。
しばらくスズキ釣りをしていなかったが今回は久しぶりにスズキ釣り。
朝のジアイが大切らしく伊奈パパさんと暗い内に到着。
一番乗りかと思ったらステラさんやブチさんはすでに準備済み。
unokenさんも準備中。
急いで準備して湖面に浮かぶ。
青竿2本で気合十分。
c0163207_22591357.jpg

穏やかな水面には波は無く、泡がたくさん。
鼻上げしたボラの群れがあちこちに見える。
コイや鮒もジャンプして賑やかだ。
ブチさんに此処の釣り方を教えてもらったが何処に行っても水深2.5mで底はフラット。
流れの変化にゴミが溜まっているが特にボイルがあるわけでもない。
あてずっぽうにキャスト。
やがて辺りに朝日が差してくる。
c0163207_2310146.jpg

広い水域が見えてくるがポイントを絞り込む何かは見えてこない。
点々と散ったカヤックやアルミボートやゴムボートのアングラーがキャストを繰り返している。
何処でも釣れるようなのでバイブレーションをキャストしてると。
着水後、少し待って底取ってから最初のジャークで“ゴン”と止められた。
3回4回と頭を振ってからエラアライ。ジャバジャバと結構テンポが早いので70cmクラスか
まっすぐこちらに走ってきて艇の下をくぐって反対側に行った。
バウをかわして右側に竿を持ってきてテンションを掛けるとすっぽ抜けてしまった。
c0163207_2322539.jpg

激安ルアーのプライアルバイブ、フックはあまりにもな物が付いているのでガマカツに換えてあったのだが
スプリットリングがそのままだった…
このルアーのガラガラ音が効くのかと前後のリングから交換して再挑戦。
もしかして8管が駄目?釣れるんだけどねこれ
ピックアップしたら魚が反転したりして反応がある時間が続く。
2回目のヒットはやはりピックアップしようと竿を立て始めた時。
リーダーの結束部分が入る頃にガツンと衝撃。
いきなり手が届きそうな所にでかい頭があらわれてガバァガバァガバァと頭を振る。
スローモーションのようなエラアライ、ルアーが外れるのが見える。
ルアーはもう付いてないのにさらにエラアライを続けてカヤックにぶつかりそうになっている。
なす術なく見ているだけだった。大きさは多分…
その頃伊奈パパは
c0163207_23334226.jpg

自己記録更新の90アップをキャッチ。
ブチさんもガンガン掛けている。
もっちにはこの後数回アタリがあっただけ。
アタリが一段落したのか浮いてる皆ものんびりプカプカ。
c0163207_23392525.jpg

c0163207_23395258.jpg

c0163207_23404568.jpg

そろそろJETな人達も走り出している。
あれが走り回ると一気にテンションダウン。
そんな中ステラさんが凄いのをキャッチ!
c0163207_23452315.jpg

たらふく食べたグッドコンディションな92cm。
丁寧に蘇生してリリースするステラさん。
c0163207_23541226.jpg

90アップってこんなに簡単に見れるものなんでしょうか。
なんか感覚がおかしくなってくる。
にわか雨がザ~っと降って来たのであわてて撤収。

ほげましたが、久しぶりのスズキ釣り楽しかった。
伊奈パパさんブチさんガイドありがとうございました。


帰りの飯屋で投げかけられた質問

いろんな釣りがありますが一つだけ選ぶとしたら何釣りを選びますか?

答えは…出ません。
[PR]

by moch3636 | 2012-09-16 22:00 | カヤックフィッシング